新卒の定着率の実際について

どこも一緒だとは思いますが・・・。

私の職場でも新卒の定着率はそれほど良いものではありませんでした。かつては3年も残れば良いほうで、転職してしまうケースが非常に多いと言われていました。私が就職したときに最初に役員からかけられた言葉も3年はしっかり働いてほしいというものでした。当時は意味がよくわかりませんでしたが、最近はよくわかります。

今日の報道にも似たような話があり、どんな会社でも新卒の3年離職率は半数を超える水準だそうです。有名企業ですらそうなのですから中小零細の医療機関などどうにもならない問題なのでしょう。

私はすでに10年以上勤めるベテランになってしまいましたが、同じような経歴の職員も少しずつですが増えてきています。良い環境になってきているのかもしれません。 かなり昔のことですのですでにその役員は退職していないのですが、その方は私に転職の末路について語ってくれました概要は以下の通りです。

誰でも他所の職場は良い環境に見える。

しかし、そこに転職をしても同じような問題は必ずある。

嫌なことがあるたびに転職をしていてはキリがない。

そして転職をするたびに自分の価値は下がっていく。

転落人生の始まりだ。

転職するならヘッドハンティングされるような実力を身に着けてからすればいい。

細かいところはい覚えていませんが、大体こんなことを言われました。 上記のアドバイスは当時の私には結構インパクトがありました。医療系の免許を持っていると、実は転職のハードルはそれほど高くないと感じる人もいます。ある程度の経験があると同じ業界の同じ仕事なら即戦力になることもできるのです。だからこそ腰が軽くなる従業員へ戒めのために言っていたのかなとも思います。

ただ、ここに書かれていることは本当だなと思います。長く働いて採用にも多少かかわるようになってからは履歴書からの情報で人物が見えてくるような気がします。若い頃に職歴があまりにもたくさんあると、転職もままならなくなってしまうでしょう。そうなってからでは遅いということに転職前に気が付かなくてはなりません。転落し始めると大変です。

一般の事務職の方は求人倍率が相当に高い世界で競争に勝ち抜いているという報道もありましたが、意外にもその席を簡単に手放してしまう人が少なくありません。就職活動は大変なはずなのに、なんで簡単に手放すんだろうと思ったりします。

私には上記の言葉を自分の言葉として伝えるだけの貫禄がまだありませんが、昔の恩人の言葉として伝えていこうかなと思ったりしています。 職歴は最初が肝心で、歩いた道は履歴となって取り返しがつきません。転職するのは悪いことではありませんが、その前に何をしたのか、何ができるのかはしっかりと考えてほしいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする