しっかり夜勤者健診をする会社が増えてきました

しっかり夜勤者健診とはどういうことか!

それは、定期健診と同等の内容をしっかりと行う様になったということです。夜勤者健診と言うのは、深夜業を行う従業員が半年に一度のペースで受けなければならない健康診断の一種です。私たち健診業界の住民にとっては、この夜勤者健診と言うのは非常にシンプルな内容の健康診断であるというイメージが定着しています。実際に身長体重の他には血圧測定と視力聴力、あとは診察程度しかしない非常にシンプルな内容で行われていたことが殆どでした。そのため2000円程度の価格で実施することも多かったです。

しかしこれも今は昔の話です。夜勤者健診は簡単な内容で良いというのは、あくまでも医師がそれでよいと認めた場合のみであり、原則として定期健診と同じ内容を行うことを求めるということが再確認されたのが平成29年の出来事でした。

そのため今年になって夜勤者健診でも定期健診並みの内容を網羅する会社さんが増えてきています。やはり法律や、その認識を統一する目的で出される通達の内容にはそれなりの力があるようです。説明をすれば、多くの場合法律がそうなっているのであれば仕方がないという形で内容の変更を受け入れてもらえるのが実情です。

私の職場ではおよそ8割方の会社さんが新しい仕組みに対応してくれているという感じになってきています。お値段も倍以上になるのが一般的ですからそれなりに大変なはずですが、法律って力があるんだなと思います。当然と言えば当然ですが・・。

ちなみにこの夜勤者健診ですが、医師が検査の一部省略を妥当であると認めた場合は従来通りに省略項目での実施が可能です。ただしそれは個別に判断すべき内容であり、夜勤者健診だからと言って自動的に省略が認められるものではありません。

なおこの夜勤者健診は深夜業を行う労働者の健康を守るために行うものであり、万が一夜勤者健診の検査項目を省略することによって何かしらの労災の予防を阻害する問題が発生した場合、それは省略を指示した医師の責任でもあるのだそうです。そんな事実を知ったら省略を指示する医師なんていなくなってしまいますよね。そう言っていました、労基の方が

いずれにしてもこれまでの簡単な内容でいいよ、と言うのはすでに過去の話になってきています。しっかりした内容を受けなければならないというのは社会の要請になってきているわけですが、こういった要請にしっかりと答えている会社さんが増えてきているのはきっと良い事なのでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする