健診機関で働いてみたい方へ

医療機関の中ではちょっと特殊?

私も医療の世界の人間の一人ですが、数多くの選択肢の中から「健診」という業界を選んだのには一つの訳があります。それはいわゆる保険証を使った診療報酬に頼らない業界であるということが理由の一つでした。

私が就職する前、医療の世界は医師を中心とする社会であり、医師と一部の看護師以外はそれほど恵まれた待遇ではないということを知っていました。一般企業への就職に比べて必ずしもメリットが多い世界ではないのです。そのようなイメージから、健康保険制度に頼る医療の世界の枠組みに縛られる世界を敬遠し、独自に活動することが出来る予防医学の世界に興味を持ったのです。

同じく保険診療に頼らない医療には美容整形などもあるのですが、健康増進を通じて広く社会の役に立ちたいという純粋な気持ちを叶えてくれるのが健診業界だったというわけです。

ただ、はっきりと言っておかなければならないのは・・

給料は安いですよ

ということです。もっと安い業界はいくらでもありますが、医療の世界の中では特にお勧めするような要素はありません。もしもあなたが医療免許を持っているのであれば将来にわたって役立つように高度な技術を学ぶ機会は制限されることになりがちですし、将来的に病院への転職を考えた場合、経験が生かされないことも多いでしょう。

もしもあなたが医療免許を持たない事務職や営業職を希望するのであれば、他の業界に比べて必ずしも恵まれているわけではないという点には注意が必要です。需要が法的に守られているという意味ではメリットがありますが、同業との間で競争があるという状況は変わりません。

それでもやりがいのある仕事であることは間違いありません。よほど小規模な健診機関でない限りは組織の歯車となって仕事をするしかありませんので必ずしも人の役に立っているということを直接実感できる機会は限られるでしょう。それでも満足感のある仕事はできると思います。

募集している職種は非常に幅広く、様々な職種に活躍の場がありますので興味のある方には是非検討してもらいたいお仕事ではありますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする