海外赴任と人間ドック

海外赴任の場合も健康第一

お仕事上、海外赴任の方とお話をする機会が多くあります。最近の製造業では海外での活動に力を入れるケースも多く、本当に様々な国に赴任している人がいるのです。その様な人が海外に行く際に受けるのが渡航前健診帰ってきた際に受けるのが帰国時健診です。

それぞれ法律に定められている内容があるのですが、私の所属先ではかなり充実した海外渡航者向けの人間ドックを用意しています。普通の人間ドックと少し違うのは虫卵の検査があるところでしょうか。要するに寄生虫の検査です。海外の環境は日本とは異なります。気を付けていても何かあるということが珍しくありません。

海外派遣労働者の健康診断

法律にはこう書かれています。

(海外派遣労働者の健康診断)
第四十五条の二
事業者は、労働者を本邦外の地域に六月以上派遣しようとするときは、あらかじめ、当該労働者に対し、第四十四条第一項各号に掲げる項目及び厚生労働大臣が定める項目のうち医師が必要であると認める項目について、医師による健康診断を行わなければならない。
事業者は、本邦外の地域に六月以上派遣した労働者を本邦の地域内における業務に就かせるとき(一時的に就かせるときを除く。)は、当該労働者に対し、第四十四条第一項各号に掲げる項目及び厚生労働大臣が定める項目のうち医師が必要であると認める項目について、医師による健康診断を行わなければならない。
第一項の健康診断は、第四十三条、第四十四条、前条又は法第六十六条第二項前段の健康診断を受けた者(第四十三条第一項ただし書に規定する書面を提出した者を含む。)については、当該健康診断の実施の日から六月間に限り、その者が受けた当該健康診断の項目に相当する項目を省略して行うことができる。
第四十四条第三項の規定は、第一項及び第二項の健康診断について準用する。この場合において、第四十四条第三項中「、第四号及び第六号から第十一号まで」とあるのは、「及び第
四号」と読み替えるものとする。

それで、項目に関しては以下の内容です。

【健康診断項目】
第44条第1項に掲げる項目
・既往歴及び業務歴の調査
・自覚症状及び他覚症状の有無の検査
・身長、体重、腹囲、視力及び聴力(1000Hz、4000Hz)
・胸部エックス線検査及び喀痰検査
・血圧の測定
・貧血検査(血色素及び赤血球数)
・肝機能検査(GOT、GPT、γGTP)
・血中脂質検査(LDL、HDL、中性脂肪)
・血糖検査
・尿検査(尿蛋白、尿糖)
・心電図検査※医師の判断により省略可
【医師が必要とする際に実施する項目】
・腹部超音波検査
・尿酸値
・B型肝炎ウイルス抗体検査
・血液型検査(ABO式、Rh式)(派遣前に限る)
・糞便塗抹検査(帰国時に限る)
海外赴任者の健診事情

そんな海外赴任の方は一時帰国の際に必ず行うようにしているのが健診と家族への顔出しの様です。中国などの様に比較的近い国であれば問題も少ないのかもしれませんが、南米やヨーロッパなどになると帰ってくるのも一苦労です。飛行機で一日以上とか想像もできません。

そのため貴重な時間を使って健康診断を受けることになるようです。私の所属先の医療機関には良く海外からのアクセスがあるのですが、おそらく海外から一時帰国する人が事前に人間ドックをする病院を探している形跡なのでしょう。限られた貴重な時間を使って頂いている以上はしっかりと検査をしなければなりません。

しかしながら海外赴任はどこの国に行くのかと言うことが非常に重要になるようです。治安のよい安心な国に行くのか、そうでもない国に行くのかによって職場環境も大きく違うのですから大変ですよね。私の知る限りでは、南米とインドが赴任先としては少々気が引けるところと言う印象の様です。私はどちらの国もそれほど危険な場所であるとは考えていなかったのですが、特に行かなければならない事情があるのではなく、行かなくても良いのであれば行かない方が良いとまで言われましたので色々とあるのでしょうね。

そんな海外渡航者向けの健康診断(人間ドック)にもそれなりに力を入れています。海外で働いている人に言わせると、日本の人間ドックのようなサービスは海外ではあまり見られないようです。特定の検査を行ってくれるという医療の形はあっても、幅広くあるか無いかわからない病気や症状の検査の集合体である健康診断や人間ドックのような仕組みは珍しいみたいです。特に日本人に多い種類の病気の発見は海外ではなかなか・・という声もありました。例えば胃カメラなどは相当悪くなってから行うものと言う位置づけになっている国も多いようです。

そう言えば現在の胃カメラって日本で発達したものらしいですね。最近知ってびっくりしました。もしかしたら胃カメラを受けやすい非常に魅力的な環境にあるのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする