特定健診受診券を使わない人の割合

5人中4人らしいです。

出所の確かな情報ではありませんが、そんな具体的な数字を言う業界関係者さんがいました。当然のことですが受診券を発行している先で大きく割合は違うと思いますのであくまでも参考情報でしかありませんけどね。

さて、ここで言う「特定健診受診券」が何のことだかわからない方がいるとすれば、そういった方がこの「5人中の4人」に入る方かもしれません。

この「特定健診受診券」というのは40歳以上の保険証被保険者、被扶養者に送られてくる特定健診受診のためのチケットです。いくらかの自己負担金が必要になる場合もありますが、完全無料で特定健診を利用できるケースも多いです。

そんなわけで、この「特定健診受診券」はおおむね無料かわずかな負担で特定健診を受けることができるチケットとみなすことが出来ます。

全ての医療機関がそうというわけではありませんが、この受診券は正しく利用すれば特定健診分の補助申請が出来ますので、好きな人間ドックと組み合わせて利用することもできます。少なくとも私の勤め先は行っているのです。

この様な事情から、私は商品券と同じような位置づけで考えています。使える場所は限られていますが、受けたい健康診断や人間ドックから特定健診の契約料金分がひかれる仕組みになっています。

メリットの無いことをお勧めする気はありませんが、この特定健診受診券は基本的にメリットしかありませんので、健康診断や人間ドックを受けるなら、ぜひ使えるところを探すようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする