日曜日に健康診断を受けたいですか?

都市部では広まりつつありますね、日曜健診。

私の住む地域でも、都心部においては日曜日に営業を行う健診施設が少なくありません。健診と言うよりは人間ドックなのかもしれませんが、とにかく日曜日に検査を受け入れる傾向が強くなってきています。

歯医者さんなんかもそうですが、如何に差別化をして利用しやすいかどうかが重要な社会になってきていますので、健診業界でも日曜営業が当たり前になっていくのではと個人的に少々懸念しております。

私の職場でも数年前から試験的に日曜日の営業を開始しています。そのきっかけとなったのはやはり特定の企業からの要請でした。日曜日はやってくれないの?という問い合わせをきっかけにして、ある程度の集客が見込めるならと言う条件でOKになりました。

やはり健康診断も接客業系のサービス業です。要請に対して無視と言う選択肢はなかったようです。しかしながらどれだけ需要があるのかと言う点については疑問です。というのも、不定期に開催しているからかもしれないのですが、それほど集客が良くはないのです。大体満員にはなりませんし、顧客単価も安いのです。正直わざわざ職員に割増賃金を支払ってまで開催するほどのものではない・・と思ってしまうのですが。

勿論やっていること自体に意味があるという考え方もありますね。最近は下火になってきていますが、牛丼チェーン店がこぞって24時間営業を行っていた時代は、例えお客さんが来なくても営業しているということに意味を求めていた感じがします。もうそういう時代ではないように思いますが、健診業界でも揺れている部分を感じます。

ちなみに私の職場では日曜日には受けることが出来るサービスは著しく制限されます。普段なら食事の提供もありますが、日曜日にはありません。その様な仕組みで開催されていますので特段メリットはないのです。だからなのかもしれませんが伸び悩んでおり定期実施にはなりそうもありません。

まぁ、健康診断は会社の仕事の一部みたいなものですので休みの日にわざわざ・・なのかもしれませんね。そんなわけで最近はバスで出向く巡回健康診断を日曜日や祝日に実施するということの方が多くなっています。業界によっては日曜も祝日の無い世界がありますので、そういった業界では重宝しているようです。

バスでの健診ならそこに特化した準備が出来ますし、まぁアリなんじゃないかなって感じます。限られた人材を投入する以上、無理の無いように働いてもらわないといけませんよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする