手間のかからないストレスチェックなら外部委託がお勧め

ストレスチェックを自前でするメリットって?

もしもあなたがメンタルヘルスの専門家ではないのであれば、ストレスチェックに関しては外部委託した方が良いと私は思います。何故なら頑張って自前で行うメリットがあまりないと思うからです。

ストレスチェックと聞くと何か難しいことをするようなイメージを持つ人が少なくありませんが、非常にシンプルに言ってしまえばアンケートを実施して集計結果を返却するという作業にまとめることが出来ます。実施自体はそれほど特殊な技能を必要としませんので、経験豊富でノウハウを確立した業者を利用した方が絶対にお得だと私は思います。

但し社内に保健師などの専門家を配置している場合には少し事情が変わってきます。その専門家の特性を生かす場になるからです。社内で行う場合には外部委託では実現できないような要素を入れることがお勧めされますが、もしもそのような仕組みがないのであれば、外部委託した方が安く確実に実施できる可能性が高いと言えます。

インターネットで先日検索したところ、一人480円から~という宣伝文句が見つかりました。恐らく基本料金を取っていると思いますので480円×人数で実施できるわけではないと思いますが、安いサービスが存在していると言える現実は変わりません。

私の所属先の医療機関でもストレスチェックを実施していますが、非常に簡素な内容で提供しています。健康診断のついでにやってしまいたいというニーズに対応するための仕組みですので決して充実したメンタルヘルス対策を提供できているわけではありませんが、格安で法律で求められる内容を行うという点においてメリットがある選択肢になっているようです。

とにかく安くストレスチェックをしたいという人には健診機関での実施もお勧めできます。充実したアフターサポートは期待できないかもしれませんが、その分安く済ませることが出来ますのでお勧めです。

そんな外部委託の仕組みが充実していますので、大企業で専門スタッフがいる場合を除いて自前で行うのは苦労が多くてメリットが少ないと思います。面倒なことは全て丸投げできるのも魅力ですので、一度検討してみるのもお勧めですよ。

私は色々なサービス機関の相場を見てきましたが、¥500~¥700なら安い方だと思います。基本料金があったり集団分析がかなり割高など落とし穴もありますが、そのあたりの料金体系に気を付ければ無駄のないサービスを選択することが出来るでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする