インターネットで探せないストレスチェック業者もあります。

やはり全ての情報が見つかるわけではないですね。

私はインターネットの世界は全てに近いほど多くの情報が集まるというイメージを持っていますが、実際のところ手軽に探そうとするとどうしても集めることが出来る情報には限界があるということを感じています。インターネットで検索上位に掲載されるということはそれなりにコストや実力を必要とするものであり、平等にチャンスがあるとは言えません。そのため公平に情報を探しているつもりでも、自然と宣伝費をかけているようなところが目についてしまう傾向がある気がします。

例えば「ストレスチェック 委託先業者」などのように検索をしたとしても、おそらく私の勤め先の名前は出てこないでしょう。何故ならばインターネット上でストレスチェックをやっていることを公開していないからです。こういう健診機関は結構多いかもしれません。

インターネット上で検索されるストレスチェック代行機関は良くも悪くもプロです。それを専門的に売り込んでいる業者ですので価格やサービスの何かしらに大きな売りがあるのでしょう。私もいくつか見てみましたが、低コストで簡単に実施できることを魅力としてアピールしている業者と、丁寧なアフターフォローを行っている業者の二種類が見当たりました。やはり積極的に宣伝活動をしているかどうかは重要ですね。

私の勤め先(健診機関)でも一応ストレスチェックを実施しています。健康診断と一緒に行ってしまいたいというニーズを満たすためだけに用意されたサービスであり、必ず健康診断とセットで売っています。契約料金は最も安くて¥380~とかなりサービスとしていますので魅力に感じてくれる人もいるでしょう。勿論この価格ですのでそれほど力は入れていません。

おかげでそれなりの企業さんが興味関心を示して受けてくれています。やはり法律によって義務付けられるというのは大きな影響のある事のようです。これから本格的に企業がメンタルヘルス対策に取り組んでいくに当たって重要なテーマになっていくんだろうなと感じさせてくれる何かを感じます。

私は個人的に本格的にメンタルヘルス対策に取り組もうと考えているのであれば、積極的に他の専門の業者を検討することをお勧めしています。値段が全てではありませんが、より良い内容のサービスを求めるのであれば経験豊富な専門機関である必要があります。

出来ないことを出来るように言って仕事にするのはよいことではないので、私はその辺りは徹底しています。でもメンタルヘルス対策って中々お金がかかるんですよ。成果も形として見えにくいので難しい分野ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする