健診機関で働きたい方へ 2019年のまとめ

募集は以下の職種が一般的

  1. 医師
  2. 看護師
  3. 臨床検査技師
  4. 診療放射線技師
  5. 保健師
  6. 管理栄養士
  7. 事務職員
  8. 営業職員
  9. システム技術者
  10. ドライバー
  11. その他の専門職
  12. その他の健診サポートスタッフ

どの職種が募集されているかは医療機関次第ですが、この中で常時募集があるのは「医師」と「看護師」、「臨床検査技師」でしょう。一般の病院に比べると臨床検査技師の募集枠が大きいのが特徴ですね。

それ以外の職種に関しては不定期に募集があるような感じになっています。それぞれの職種の特徴を理解しておくと良いかもしれませんね。あとは医療職は基本的に国家資格取得者です。資格を持っていない人は採用されませんので注意しておくべきでしょう。

それではそれぞれの職種の仕事内容と特徴を紹介していきましょう!

① 医師

健診機関は医療機関です。そのため医師をトップとする組織でありどのような環境でも医師が求められます。

医療機関の施設内で健康診断を行う場合は勿論、健診バスで出張の健康診断をする場合でも必ず必要です。

そのため需要は非常に高く、非常勤医師を含めるとかなりの人数が必要とされています。

なお、募集は健診機関が直接公募することはあまり見られません。どこでも同じだと思いますが医師には医師のつながりがありますので転職の場合は紹介になることが多いのが実情です。但し非常勤として働く場合には話が別です。医局などを介さずに自由に活動する医師の中には直接電話をしてくる先生もいます。

しかしながら一般的なのは紹介会社からのつながりでしょうね。健診機関としては健診がある時だけ医師に仕事を頼みたいのが本音であり、仕事が無いときは必要が無いという事情があります。そのためスポット勤務という形で必要な時に必要な時間だけ勤務してもらうという関係が多いのです。そのためには紹介会社との連携がWINWINの関係となりやすいのです。

<求めている人材>

健康診断として標準的な対応をして頂ければ十分です。

<こんな方は困る>

・医師は組織の顔になりますので、不潔な印象は問題になります。

・顧客の要請に応じてくれない方(臨床の現場とは違う医療サービスの在り方に理解のある方である必要あり)

<こんなトラブルがありました>

・その医師独自の持論を診察時に展開し、診察を受けた方に不要な不安を感じさせてしまった。

・女性に対して不快感を感じさせる状況を生んでしまった。

・やる気のない印象を感じさせてしまった。

健診機関としては医師は必要不可欠な存在ではありますが、それと同時にサービス業でもあります。評判の悪い医師には仕事をお願い出来ないということが実際に発生していますので、紹介会社経由の仕事の場合には注意が必要かと思います。

<男女による違い>

公式に出すことはありませんが、女性医師の希望は非常に多くなってきています。これは健康診断を受ける側の要望であり、長期的にはこの要望に応える健診機関が伸びていくことになります。

医師であっても、技術や経歴よりも女性であるかどうかがより重視される時代になるのでしょうか・・。

近年は女性医師を指定するケースが多くなっており、男性医師の職域が狭くなっている傾向があります。おかしな話かもしれませんが、それが現実です。具合が悪くなって行く臨床の現場とは違うということですね。

② 看護師

一般の医療機関だと主役のような活躍ぶりですが、健診機関においては臨床検査技師と仕事の範囲がかなり重なります。法的に看護師が行えない業務は少ないのですが、住み分けは結構ありますね。

新卒で来るケースはほとんどありませんし、私もお勧めはしません。最初は臨床の現場でしっかりと技術を学んだ方が将来の選択肢が広がると思います。勿論、新卒がだめというわけではなく、かなりしっかりと自分のキャリアを思い描ける方であれば歓迎されますよ。

看護師の方が対応する分野としては「尿検査」「計測」「血圧」「採血」「視力検査」「聴力検査」「眼底検査」「眼圧検査」「心電図検査」「内科診察」「内視鏡検査」「子宮がん検査」と言ったところでしょうか。医師が行う検査の場合にはその補助につくというのが多くなっています。

検査スタッフとしての位置づけは健診機関ごとに異なり、強いこともあれば弱いこともあるようです。

看護師は求人が常に出ているのが当たり前という状況にありますので、応募すればチャンスは多くあります。勤務希望先が明確にあるなら紹介会社などを仲介せずに直接問い合わせるのが一番です。そうすることで手数料の心配をしなくてよいので採用ハードルは低くなります。

健診機関は一般病院ほど看護師にこだわっていませんので、こだわりを持って健診機関に応募するのであれば直接の方がお勧めです。

<求めている人材>

スキルアップしていく意識があれば経験はそんなに求めない場合が多いです。採血が出来ればそれだけでも歓迎されるかも。

<こんな方は困る>

・臨床の現場と健診機関では常識がやや異なります。その辺りに柔軟に対応できる方である必要あり。

・医療というより、一般のサービス業に近い感覚が必要であるという意識に切り替えられない方。

<男女による違い>

はっきりとは行いませんが、男女による採用されやすさの違いはあります。何故なら女性に出来ない業務は無くても、男性に出来ない業務があるからです。これは技術的な意味ではなく、サービス業として女性の対応を求められるという要請に基づきます。

男性の場合には女性に比べて何かしらの追加要素が求められることになるでしょう。

③ 臨床検査技師

健診機関では主役級の働きをする子の職種ですが、一般の病院ではあまり目立ちません。かつてに比べて養成している学校も減っていることから就職先の一つとしての健診機関は見られているようです。

新卒で就職希望をする方も少なくありません。この場合は健診センターにおいて「採血」「視力検査」「聴力検査」「眼底検査」「眼圧検査」「肺機能検査」「超音波検査」などがありますね。特に私の職場では臨床検査技師は超音波検査(エコー)に関しては専門性を発揮しています。法的には医師は勿論、看護師や診療放射線技師も対応できるのですが、しっかりと勉強する環境が整えられているのはりんしょうけんさぎしと思います。

この中で「採血」と「超音波検査」は技能として認められることが多く、出来るということは就職を強く後押しします。

<求めている人材>

スキルアップしていく意識があれば経験はそんなに求めない場合が多いです。採血が出来れば大歓迎されるのが実情。

<こんな方は困る>

・対人サービスが中心になりますので、それが出来ないというのは致命的です。

・検査センターとは違うということを理解する必要があります。

<男女による違い>

はっきりとは行いませんが、男女による採用されやすさの違いはあります。何故なら女性に出来ない業務は無くても、男性に出来ない業務があるからです。これは技術的な意味ではなく、サービス業として女性の対応を求められるという要請に基づきます。

男性の場合には女性に比べて何かしらの追加要素が求められることになるでしょう。

 

④ 診療放射線技師

健診機関には必須の職種です。何故なら法に定められた定期健康診断に「胸部X線検査」がありますから。

そんなわけで健診機関では結構な人数の診療放射線技師の募集があります。同じ規模であれば、一般の病院よりもはるかに多いですよ。

新卒で就職をする方もいますが、就職した方自らの情報としては健診機関への就職というのは第一選択ではないとのこと。確かに健診機関で経験を積める範囲は非常に限られていますから、組織の歯車として予防医学に従事したいという気持ちが無ければ健診機関は第一選択にはなりませんね。

主な業務としては「胸部X線撮影」「胃部X線撮影」「マンモグラフィ」「CT撮影」「MRI撮影」「超音波検査」などがありますが、CT、MRIなどは設備が無ければ経験を積むチャンスはありませんし、超音波検査は行っても良いとされているだけで臨床検査技師の領域になっていることが多いです。

健診機関によってはX線撮影装置を積んだバスを持ち込んでの出張健診をしますが、この際にも診療放射線技師は活躍します。このようなチームの中には絶対に大型運転免許の保持者が必要になりますが、診療放射線技師が男性であれば大型自動車運転免許は大きな武器になるでしょう。

診療放射線技師が運転するのが当たり前というわけではありません。ビジネスとしての健診を考えた場合、出張健診では専属スタッフとしてドライバーを確保するより、医療スタッフの中に大型運転免許保持者を確保した方がメリットがあるという考え方をするのです。そのため、大型運転免許の取得は健診機関によっては撮影技術と同等に評価されます。

<求めている人材>

新卒の場合には入職してからの指導で十分に仕事が出来ています。転職の場合には出来てほしいところですが、スキルアップする意識を高く持ってもらえればそれほど大きな問題ではありません。

<こんな方は困る>

・特定の技術を身に付けることだけが目的の場合

・新しい技術を身に付けることに消極的

<男女による違い>

健診機関の医療従事者の中では最も男性の居場所がある職種ではないかなと思います。勿論マンモグラフィに男性が従事することはありませんので、女性の方が重宝されます。地域によっては給与水準に違いがある場合もあるそうで、女性が少ない職種ならではの事情がありそうです。

 

⑤ 保健師

保健師は保健師としての仕事に従事している場合だけを想定した説明になります。何故なら保健師の資格を持っていても看護師と同じ仕事をしたり求められるケースがあるからです。

保健師の仕事として一般的なのは以下の内容です。

①医師の代わりに結果説明を行う

②医師の代わりに指導を行う

この様な事情から、医師が行うなら保健師の存在は必ずしも必要ではありません。健診機関の考え方によってこの辺りは変わってきます。

なお、特定健診で盛んに行われている特定保健指導にも従事することがありますが、管理栄養士でも対応することが出来るため、人件費的な見地から管理栄養士が対応することの方が多くなっています。

<求めている人材>

保健師として医師をサポートする技能を身に付けている方

<こんな方は困る>

・保健師としての仕事だけをしたい

<男女による違い>

私は男性保健師にあったことがありませんが、もしいたとしたら比較的男女の影響を受けない仕事かと思います。

 

⑥ 管理栄養士

最近では随分と難関な資格になった管理栄養士ですが、健診機関では特定保健指導のためのスタッフとして活躍しています。逆に言えば特定保健指導を実施していなければ活躍の場は大きく制限されていると言えるでしょう。

私の職場では特定保健指導だけではなく、希望する方に栄養指導という形でサービスを提供していますが、それだけで存続するのは無理なので、やはり特定保健指導の存在ありきの職であるという特徴があります。

現在は特定健診の第3期にあたり、今後5年程度は大丈夫だと思いますが、医療技術者の中では比較的不安定な立場になっているように思います。

<求めている人材>

管理栄養士として指導の実績がある方。特定保健指導の経験があれば特に評価されます。

<こんな方は困る>

・栄養士としての仕事だけをしたい。

<男女による違い>

私は男性のい管理栄養士にあったことがありませんが、もしいたとしても比較的男女の影響を受けない仕事かと思います。採用されやすいかは微妙なところです。

 

⑦ 事務職員

募集をすると非常に多くの応募があるのがこの職種ですが、どうやらこの傾向は健診機関だけではなく全ての業界の共通する流れのようです。特に女性の応募が多く、多すぎるがゆえに待遇はあまり良くありません。

それでも事務職を希望する方は多いです。必要な技能は他の業界とそれほど変わりませんので、健診機関だから必須の技能があるわけではないのです。良く誤解されるのが「医療事務」の知識と経験です。これは健診機関という枠組みからすれば必須ではありません。知っているからと言って大きなアドバンテージにもなりません。全く同じ評価だった場合には持っている方が選ばれるかもしれませんけどね。

勿論、健診センターと臨床の現場が併設されている場合には別の評価が生まれますが、その場合には健診機関のスタッフとしての採用ではないかもしれませんね。あくまでも健診機関としてはほぼ不要ということです。

<求めている人材>

事務職として前向きに学んでいける方。年齢もほぼ関係ありませんが、やはり若いほうが採用されやすいですね。

<こんな方は困る>

・接客は苦手というタイプは向きません。

<男女による違い>

男性の採用ハードルは異常に高い気がします。管理職候補としての採用がおおくなるため、何かしらが求められる感じがします。

 

⑧ 営業職員

健康診断は受けなければならないと法に定められていますが、その法律というのは労働安全衛生法というものです。従って労働者(サラリーマン)を対象にした法律です。

従って本格的に健康診断をしようとすると会社とのお付き合いが必要になります。そうすると営業活動が必要なんです。大きな会社とお付き合いをするためには効率的に話を進めるための窓口が必要になり、そのためのスタッフになります。

対外的に健康診断の説明をする窓口になりますのでそれなりの知識が必要になりますが、結論から言えば健康診断や医療業界の知識が無くても何とかなります。最初から全て知ったうえで入ってくる人はいませんし、あくまでも営業職ですから扱っている商品やサービスを理解できれば良いのです。

本当に高度な知識は専門のスタッフがいくらでもいますので、常識的な方なら大丈夫な気がします。あとは相性ですよね。営業職の考え方にも色々ありますが、売るという技術があれば健診はやりやすい分野かもしれません。需要が法律で守られていますので、どこかからは買わなければならない商品を売るのです。その分競争は激しいですけどね。

<求めている人材>

一定の営業技術を身に付けている方。新人から育つこともできますけどね。

<こんな方は困る>

・売り上げに対して高いインセンティブを求める方。商品を売るのではなくサービスになりますので売れば良いというものでもありません。限界があります。

<男女による違い>

女性に対する差別はなく、むしろ求められています。男性であることがマイナスに働くこともありません。最も男女差の無い職種かもしれません。

 

⑨ システム技術者

この職種は健診機関の規模によって変わりそうです。

小規模の健診機関では内製のシステムはあり得ませんので、外部の専門家との窓口としての活躍が期待されるでしょう。このケースでは採用する側がされる側の能力を把握、判断できないケースもありますので自分でしっかり出来ることとできないことを明確にすることが必要です。ある意味では怖い職場ですよね。

大規模な健診機関では内部である程度作りこむ場合もあるようで、こうなってくると専属の部署に専門家として配属されるでしょう。いずれにしてもしっかりとした能力を身に付けて入ってくるところであり、育てる機能を持つところはないのではないかなと思います。

なお、私の職場ではシステム開発会社のヘッドハンティングでした。そんな背景ですから責任は非常に重く、助けの無い環境になるかもしれません。一人職場になる可能性とリスクを考えて応募する必要があるでしょうね。

<求めている人材>

一定の技術を身に付けており、専門分野において責任を持って対応できる。

<こんな方は困る>

・責任のある仕事を嫌がる。

・必要とする時間の見積もりが出来ない。

<男女による違い>

女性のシステム技術者はあまり知らないのですが、優秀な方もいらっしゃいます。しかしながら過酷な環境になりやすい業種ですので、一人職場になる場所ではあまりお勧めされないかもしれません。

 

⑩ ドライバー

この職種は健診機関では募集されることもありますが、ただの運転手であることは稀です。正職員の募集としての場合には間違いなくそれ以外の業務があり、それを想定しないで応募しても採用されることはありません。

勿論ドライバーとしての仕事はあります。例えば大型トラックと同じモデルの大型X線車を手足のごとく操って動き回ることが出来るのは間違いなく専門技術ですし、必要です。しかしそれだけではだめなことが多いのです。

具体的にイメージすると、そのような大型車を運転して現地に持ち込んだ場合、そのあとは何をするのでしょうか。ドライバーとしての募集を行い、医療免許を求めない場合には、移動時間以外に何をするのかという視点が求められます。

私の職場では一般に現場責任者ですね。健診計画をしっかりと把握し、他のスタッフをコントロールする現場責任者です。医師をはじめとする医療スタッフは自分の仕事で縛られるため、自由に動けるのは医療スタッフ以外であるというのは不思議な話だったりします。

主に経済的な事情から人数は最小限にする必要がありますので、ドライバーの仕事は運転をすればそれで良いというわけではありません。面接ではその辺が問われるのではないでしょうか。

<求めている人材>

大型自動車免許+「何か」です。この「何か」が評価対象になる?

<こんな方は困る>

・運転しかしない

・接客業であることがわからない

<男女による違い>

圧倒的に男性の世界ですが、最近女性も見かけます。経験があれば女性であるということがマイナスになることはありませんが、有利になることもありません。

 

⑪ その他専門職

これ以外の職種は非常にマイナーな職種です。募集があっても稀ですし、健診の主力ではありません。ただ、実際に働いている方はいますので、ニーズがあるのでしょう。

1.健康運動指導士

活躍の場は色々あります。特定保健指導などもできる専門職ですし、資格の取得もそれなりに大変ですが管理栄養士が大勢いるので運動指導に特化したサービスが無いと活躍の場は狭いかも。

2.社会福祉士・精神保健福祉士

健診専門の組織では需要はあまりありませんが、様々な相談活動に従事することがあります。私の職場にも以前はいましたが、欠員補充をしませんでした。主な事業の枠の外に位置するサービスということでしょうね。

なお、精神保健福祉士はストレスチェックの実施者になれたと思いますが、現実的にその役割をしているケースは聞いたことがありません。最近では健診機関でもメンタルヘルス対策、サポートを意識する組織が出てきていますので、活躍の場はそれらかな。常勤スタッフもいるところにはいますが、治療の場が併設されているところが多いですね。

3.臨床心理士・公認心理師

ある程度の規模の健診機関になると所属スタッフに名前があることも珍しくありませんが、ほぼ非常勤です。会社との関係上メンタルヘルス対策のニーズが存在しており、その担い手として採用されているケースがあります。私の知る限り常勤職は無さそうです。

4.保育士

併設保育所での活動ですから健診とは直接かかわりませんが、最近増えているみたいです。人間ドックを受ける間子供を預かったり、職員の子供を預かることで職場復帰の促進をしたりするのです。

<求めている人材>

非常勤として採用される場合には専門分野のみ、正規雇用なら+αで何が出来るかが問われるのでしょうね。私の職場ではそうなっています。

<こんな方は困る>

・他機関の常識を持ち込む

・自分の専門にしか興味がない(職員の場合)

<男女による違い>

保育士以外はどちらでもよいかと思います。しかし健診に直接かかわるなら女性の方が有利です。

 

⑫ その他健診スタッフ

その他とは言っても、ここで示すのは医療免許を持たずに健診の現場に立つスタッフですね。実際にどうかという声もありますが、世の中は人手不足です。以下はこんなケースもありますよ・・ということで。

1.健診サポートスタッフ

まさに文字通りサポートをします。私の職場ではありませんが、国家資格に落ちた職員候補が免許の必要ない業務に従事することもあるようです。特殊なケースでは非常勤の何も知らない診療放射線技師を雇用し、撮影ボタンだけ押してもらうためにサポートをする・・なんてこともあるとかないとか。

2.案内スタッフ

逆説的ですがスムーズで少人数の健診を実現するためには案内の徹底などサポートの動きが重要です。もしもバス健診などで慣れた感じで案内誘導をこなしている白衣のスタッフを見かけたら、非常勤の案内スタッフかもしれません。検査自体はできませんが、検査スタッフを増員するよりスムーズになることは確かにありますね。

 

その他、何かあれば随時追記していきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする