他分野からの健診機関への挑戦

職種によってハードルが違うようです。

最近では比較的知られるようになってきた予防医学の分野の健診機関は、色々な人の就職先として注目されるようになってきました。医療機関の様である一方で健康な人が利用するという一般的なサービス業の様相を持っている部分もあり、少し毛色が違う部分があります。そのため健診機関で働こうとする場合のハードルもある程度存在しています。

医療従事者の場合

新卒で就職するケースが少なからずありますが、多くの場合それは技師に集中する傾向があります。すなわち「臨床検査技師」や「診療放射線技師」です。これらの職種の学生にとって健診機関は第一選択肢になることはあまり多くないようですが、選択肢の一つにはなっているようです。

他の職場で活躍していれば転職をしても戦力になるでしょう。検査のスピードが求められるなど、少し要求されることは違うようですが、特に問題になるという話は聞きません。

しかしながら看護師に限っては少し状況が違うようです。私の職場だけということはないと思いますが、病院の常識と健診センターの常識が大きく違うために戸惑う方が少なからず出るようです。病院で活躍してきた方がすぐにやめてしまうことも珍しくありません。仕事が忙しいからではなく、考え方が合わないということがあるようです。

事務職の場合

医療機関特有の技術である医療事務の知識と経験があまり重要ではないという意味でハードルは低いです。しかし元々事務職は競争率が高いですので、何故健診機関で働きたいのかが明確でなければ採用は難しいでしょう。事務職なら何でも良いという人はいくらでもおり、若いだけでは採用されませんし、何かとくぎが求められます。IT技術なんかは重宝されますから、IT企業からの転職なんかは成功しやすいかもしれませんね。勿論、コミュニケーションスキルは必須ですけどね。

営業職の場合

私の職場では最初から医療系の営業職だった方はいません。ある方が言っていましたが、営業職はモノやサービスを売る技術で勝負をする職種であって、その技術がしっかりしていれば何を売るのかという違いでしかないとのことでした。

そのため営業経験者であれば何が専門分野であっても能力が評価されて採用されることはあります。医療系の知識を身に付けるのはそれなりに大変ですので努力は必須ですけどね。

医療技術者以外の職種は、完全に他分野からの転職も多いです。多いというか、その方が主流ですらあります。私は医療職での就職ですから実際のところはわかりませんが、医療という安定した環境に魅力を感じている人が多いような気がしますね。いずれにしても持っている力が活用できれば活躍の場は広がっています。チャンスがあればどんどん応募してください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする