求人をすると一番先に動くのは・・

やはり紹介会社ですね。

人手が必要だと公開する形で募集をするのが求人の一つの方法ですから、当然のことながら人材派遣会社や紹介会社もその求人を見ることになります。アプローチの仕方も色々ですが、酷いところになると一方的にFAXを送り付けてきたりするケースもあります。

いくら人手に困っているからと言って、一方的にFAXを送り付けてぜひお願いしますと声をかけることなんてあるんでしょうか。・・まぁ、あるからこそやっているんでしょうね。わりと聞いたことがある紹介会社でもそんな営業活動をしています。

特にハローワークに求人を出しているとかなり反応してくれます。全然求めていないのですが、素早い反応はさすがだなと思います。それだけ競争も激しいのでしょうね。

私は人材採用には積極的にかかわっていませんが、関わっている担当者の様子を見ていると余計な仕事が増えているなと感じてしまいます。この種の人材会社というのは必要な存在なのか、医療業界の富を奪っていく存在なのかは判断が難しいところです。これがないと成り立たない医療機関というものもあるんでしょうね。

私は医療者の端くれとしてはあまりこの人材派遣、紹介の業者は好きではありませんが、投資家の端くれとしては評価していたりするのは以前にもお話した通りです。すでにいやでも使わなければならない環境が整備されており、追い詰められている医療機関も多いのでしょうね。

制度の問題なのか、医療機関側の努力の不足なのか難しいところだと思いますけどね・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする