毎日の運動習慣を作るための工夫とは

私の場合はジム通いです。

人間ドックなどを受けるとセットで受けることもある生活指導などでは生活習慣の見直しなどをお勧めされることがあります。非常に定番ですので経験したことのある多くの人が食習慣の見直しや運動習慣の取入れなどを推奨されたことがあることでしょう。実は私もその一人です。

それらの内、食習慣の見直しについてはモチベーションの維持はともかくとして理解することの出来る内容であると思います。持病などを持つようになれば何に気を付けなければないけないのかが明確になりますのでより具体的に考えることが出来るようになるでしょう。

一方で運動習慣と言うのはわかりにくく実践しにくいものの一つです。私も推奨はされていたものの、どうすれば良いかを考えた結果、最終的にはジムに通うという選択をしました。結果的にこれが良い流れを生んでいます。私は運動なんか好きでもないのですが、それでも継続することが出来たのにはちょっとした工夫がありました。

ジム通いが良かった理由

私はめんどくさがり屋さんです。なので自発的に運動なんてできないのです。なので私が最初にしたのはジムとの月間契約でした。私の場合は月に8000円くらいで使いたい放題と言うものです。決して安くはないのですが、それらを自動的に支払えるように契約をするというのを第一にしました。

勿論契約形態には色々ありまして、単発での支払いも可能です。しかしそれでは毎回の支払い負担もありますし、わざわざ足を運ぼうという気持ちも起きなかったでしょう。月間契約にしたのは行けば行くほどお得になるという効果を狙ったものです。そんなわけで胃までは行かなきゃ損という気持ちが生まれており継続的に通えるようになりましたとさ。

あとは私の行っているジムはマッサージチェアが充実しているのと、運動した後のお風呂がしっかりしているという点が魅力的でした。サウナもあるのでかなり豪華です。私はこのマッサージチェアも大きなお風呂もサウナも大好きなので、それを楽しみに行くことが出来るというのが良かったです。運動をしたくない日でも仕事帰りに寄れるようになりました。

この様な変化がジム通いの習慣を作ってくれました。私の性格に向いていた方法だったのでもう1年以上も継続しています。

で、効果があったのかと言うと今のところ微妙な感じです。運動習慣は身に付きましたが、運動後のおやつ習慣も同時に身に付きました。運動したんだからいいよね?という気持ちがどうしても消えません。やれやれです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする