人間ドックと健康食品のサンプリング

人間ドックを受けると無料で○○〇が付いてくる!

こんなことをわざわざ宣伝している医療機関は見たことがありませんが、実際に人間ドックを受けると様々な粗品をもらえることがあります。もらえないこともあるので絶対とは言えませんが、様々な商品をもらうことが出来ると嬉しい気持ちになるものです。実は私の所属する医療機関でも時々健康食品などを無料配布することがあります。

人間ドックや健康診断は検査の都合上、どうしても朝ご飯を抜いて来てもらわないといけないことがありますので、検査後に食べてもらえるものを用意しておくというのは昔から実施していますが、それとは別に粗品を渡すことがあります。私の所属先では外部の業者から無償提供された飲食物などをサンプルとして提供するということを時々実施しているのです。

現在は健康食品の一種を無償配布していますが、これは健康食品の販売を目的として実施しているのではありません。実際に物販はしたことがありません。そうではなく、健康診断を実施した後で健康食品を試す機会を持つことで興味関心を強く持ってもらうということが目的になっているのです。この様な健康食品の製造販売元は人間ドック直後のタイミングをチャンスとしてとらえており、そこでサンプリングプロモーションを行いたいと考えるのでしょうね。

実際ほとんどすべてのケースで医療機関側の負担なしで健康食品をもらうことが出来るのです。医療機関側としては無償提供されたものを渡すことで満足度の向上につながればと考えるのです。確かに町中でただ配るよりも効果的なのかもしれませんね。

しかしながら医療機関側にも一定のリスクがあるということもあって気を付けてはいます。実は健康診断のビジネスは対企業向けのビジネスでもありますので、特定の会社を応援するような動きをすることがマイナスに作用することがあるのです。その様なことには十分に配慮しながらサービスを提供していますが、時にトラブルの種になることも有ったり無かったりです。

お取引先がパンフレットを置かせてくださいという要望を持ってくるケースもあるのですが、一番困ったのは葬儀屋のパンフレットでした。病院・・・ではないにしても、医療機関にそのパンフレットを置くのは勇気がいります。何かを受け入れると他も受け入れなくてはならなくなってしまう部分がありますので注意が必要になります。結構気を使うんですよね。今日もそんなやり取りをしてきました。そんなわけで人間ドック後に粗品がもらえたらラッキーですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする