印象に残った言葉:普段の会社の健診とあんまり変わらなかった

インターネット予約で最高レベルの人間ドックを受けた方の感想です。

この方はおよそ15万円の費用を支払って私の勤め先で人間ドックを受けたのですが、その感想が上記のものでした。私は直接この方に関わったわけではありませんが、この感想に何か感じるものがありました。

ちなみにこの方はその後、再度来院することはありませんでした。ある程度はリピーターになってくれる半面、半数以上は一回限りのご縁になっているのが事実です。大半の方は黙って二度と来なくなるわけですが、非常に日本人らしいなと思います。

私自身、色々な健診機関で人間ドックを受けていますが、やはりもう一度行こうと感じるところばかりではありません。確かに良いサービスではあるのですが、そこでなければいけない理由というものが感じられることは稀なのです。そんな気持ちを言葉にしてくれたようで、この感想はドキッとしました。

普段の会社の健診とあんまり変わらなかった。

これは深い言葉です。検査項目がどんなに充実していても、それだけではなだめなのでしょう。そこでなければ受けることのできない医療サービスが提供できなければ、本当の意味での差別化はできないと感じさせてくれました。

2割程度はリピーターになってくださっているので、来てくれる人の満足してもらえばいいじゃないという考え方もありますし、それはそれで良いかと思うのですが、わざわざ行く価値のある人間ドックを提供するためには上記の意見の中に何らかの答えがあるような気がしています。

確かに一緒なんですよね・・。検査を受けて診察を受けて、時間が経ってから書面で結果が送られてくるというあの感じがね・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする