健診機関のお給料事情

医療系は儲かっているイメージありませんか?

医師や看護師の中にはかなりの高給の人もいるにはいますが、あくまでも夜勤のある病院を基準に考えた場合の事であり、なり手の少ない夜勤手当を考えた場合のイメージだと私は思っています。実際、健診施設ではそれほどパッとした給料ではありません。

例外としては医療機関として全責任を負うことになる医師の存在ですが、医師はやはりかなりの高給となります。私の勤め先には若い医師はいませんが、基本的には常勤での雇用なら一般病院の勤務医と同じかそれ以上にはもらうことになると思われます。

しかしそれ以外のコメディカルの給与がどうかと言うと、やはりパッとしないと思います。その最大の理由としては入院病棟が無いので夜勤が存在し無いことが大きな理由として挙げられます。このことにより、時間外の給与がそれほど大きくならないのと、いわゆる夜勤手当のような大きな収入が存在しない点が大きいと言えます。

ここから先は私の偏見も入ってきますが、コメディカルで一番待遇が良いのは放射線技師の様な気がします。特に女性の。一般に男女の雇用機会や給与面の格差はあってはならないという風潮がありますが、健診業界では男性よりも女性を重視する傾向が年々強くなっている気がします。

健康診断や人間ドックでは男性のポジションは年々狭くなってきていますが、診療放射線技師は男性が多い職種でもあります。そして近年注目を浴びているマンモグラフィは検査個所の関係から女性でなければ従事させない健診機関が殆どです。そのため女性の需要が急増している傾向があります。

一方、コメディカルでは汎用性の高さと認知度において群を抜いている印象のある看護師は健診の世界ではそれほど目立つ存在ではありません。むしろ給与が安い方になるかもしれません。その代わり夜勤は絶対にありませんし、病院勤務で直面するストレスフルなことも少ないか、無いと言えるでしょう。

事務職員は言わずもがなですが、一般的には非常に安い給与で雇用しています。私の勤め先では事務職員は地域の最低時給で募集をしているくらいですから、かなり待遇はよろしくないと言えるでしょうね。近所のコンビニで働いた方がメリットが大きいと感じる人も少なくないのですが、医療機関でのお仕事に憧れている人が少なくないために応募はあるようです。

まぁ、何が言いたいかと言うと法律に守られた業界であるというメリットはありますが、決して儲かって高賃金であるとは言えないということです。平均給与は低めだと思いますよ。医師が平均を高くしていますが・・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする