もっと手軽に結果が見れるようにしたい

人間ドックの結果をもっと手軽に・・。

そんな願いを持っています。長年受け続けてくれている方などはこれまでの結果をきれいにファイリングしてあったりするそうですが、新興の健診機関などではすでにパソコンやスマートフォンでの閲覧にも対応していると言います。

そのような進んだ対応にチャレンジしている点についてはかなり魅力を感じますが、それと同じことを実際に自分でもやろうと考える場合には非常に大きなリスクに頭を悩ませることになります。その問題にあたるのはやはり個人情報の問題です。

日本人は個人情報にうるさい国民性があると言われているような気がしますが、確かに過剰とも言えるほど気にするところがあります。その一方で年金情報を海外に処理させるなどといった杜撰極まりない対応も出ているようで、何が何だかわからないです。

とりあえず医療機関でも大切にしているプライバシーマークでは、新しいルールがいくつか追加されています。本人の同意なく海外への委託が出来ないようになったりする新しい仕組みもあったのですが、年金情報を中国の業者が処理していたあの県が原因かな・・なんて思ったりしています。

以前スマートフォンで動作する専用アプリの話がありましたが、そういったものを使えば実現可能かもしれません。しかしながらスマートフォンアプリというものは安全性に疑問があるというのが正直なところです。

健診機関で健診結果の流出なんてあろうものなら、一気に大問題になるようなものですから怖いのです。運用するなら絶対の自信を持っている業者さんとでなければ怖くてできません。

私が知る限りオンラインで結果を閲覧することが出来る仕組みを構築しているのは比較的小規模な健診機関の場合が多いように感じています。思い切ったことをするなぁと思うのが正直なところですが、小規模だからこそ思い切ったことが出来るのだろうなとも思わされます。

スマートフォンアプリって、実施のところそれほど安全なものではないんですよね。安全性について確認をするとどこかで言葉を詰まらせるところがあります。人間のすることですので絶対の安全などはあり得ないのですが、それでも未知の脆弱性についても全て対応できていることを求めるというのは酷なものです。

そこまで考えた場合、ある程度大きな健診機関にとって未知のリスクを背負ってでもオンラインで結果を閲覧できるようにするメリットというものはそれほどはないのですよね。絶対にオンライン上での情報流出をしないようにするなら、そもそもそんな技術を使わなければ良いのです。安全確認が出来るまで導入しにくい気持ちもなんとなくわかります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする