同じ人間ドックでも値段が違う

テレビでホテルの予約サイトのCMをしていました。

トリバゴのCMはよく見かけます。私はまだ使ったことはありませんが、もしも旅行をする機会があって泊まってみたいホテルがあるのであればあのようなサービスを利用してみたいなと思います。実際に同じホテルの同じ部屋でも何処を経由して予約をするかによって値段が違うというのはよくある話だからです。

同じことは人間ドックでもあり得ます。ホテルのような大きな価格差を期待するのは難しいですが、医療機関によっては「ここカラダ」のような予約サイトを仲介して特別な価格帯で情報発信をしているケースが少なくありません。

私が調べた限りでは多くの医療機関が予約サイトに掲載しているコースについては何かしらのメリットがあるという特徴がありました。その中身については色々ですが、個人で医療機関に直接問い合わせるよりもお得になるケースが多かったです。そのサービスを利用することで何かしらのメリットがあるという仕組みがありますね。

私の職場でもそうですが、色々なわけがあって最も割安で様々なコースを提供しているのは「ここカラダ」のような大手予約サイトと、リピーターの方々だったりします。

このようにしている理由としては新規のお客様を迎える入り口となりえるインターネット上の窓口でお得度の高い選択肢を用意しておくことが大切に考えていることと、一回限りのご縁とならないように二回目以降にもメリットを持たせるという仕組み作りとして採用しています。

そんなわけで同じ人間ドックを受診するのであっても、選択の自由があるのであれば予約サイトを検討してみるのがおすすめです。私のところだけではないかと思いますが、インターネット上のサービスにコストをかけてでも利用し、安くしてでも集客しようとするのは新規個人客の開拓に他なりません。そのための有効な手段が他にあまりないからこそ使われているのです。

一般企業などの法人客への対応には渉外担当者という専門スタッフがいるのですが、一般個人客への営業は非常に難しいものがあります。そのような一般個人へのアピールとしてインターネットを活用するというのは有効な手段であると言えますし、そのための経費に関しては営業活動、宣伝費用として受け止めることが出来るというのが実情です。

そんなわけで今日もまたインターネットからの問い合わせや予約があるのですが、私が知る限りでは最もお得な仕組みになっているのは、インターネットで検索をして選んだものであるというのが一般的なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする