日本人間ドック健診協会推薦の品

実は今日、ヘルシア緑茶飲んでたんですよ。

そしたら側面にね、人間ドック健診協会推薦って書いてあったんです。最初は人間ドック健診協会ではなく人間ドック学会推薦に見えたので、人間ドック学会は特定企業の健康食品の水晶をしているのかと少し複雑な気持ちになったのですが、よく見てみると日本人間ドック健診協会であることに気が付きました

私はヘルシア緑茶は苦みの濃い味が好きで時々飲んでいるのですが、このような表記は今日初めて気が付きました。前からあったのかな?

私はこのような推薦品であることはあまり購買理由に影響はしない人間なのですが、やはりこういった推薦があった方が注目を集めるのでしょうか。少し前に盛んに宣伝されていたモンドセレクション金賞受賞のように日本人が弱いとされている格付けビジネスの一つなんでしょうか。

そんなわけで検索してみました。

日本人間ドック健診協会

調べてみると、実は日本人間ドック学会と無関係ではないことがわかりました。それに結構歴史もあるようです。およそ10年ほど前に人間ドック学会から移管される形で健康食品の商品推薦制度を扱っているようです。

その理由としては私が感じた何とも言えない複雑な気持ちに関連していると思いますが、特定のメーカーの商品を推奨するという行為に関する様々な問題があったのでしょうね。

ウェブサイトを確認すると現在全国で161の施設が会員となっているようです。そのラインナップを確認すると、健診業界で働いている人であれば聞いたことのあるような会社がたくさん並んでいます。

ちなみにこの人間ドック健診協会が推奨している具体的な商品ラインナップも公開されていました。

推奨商品ラインナップ

いずれも知名度のあるものですね。私も聞いたことがあったり試したことのあるものが少なくありません。これらがどれだけ効果的なものであるのかについては何とも言えませんが、推奨商品には審査があり、一定の基準を設けているようです。

人間ドック健診協会に推奨してもらうためには審査を受けなければならず、それに合格して初めて推薦されていることを公表して商品を販売することが出来る仕組みになっているのでしょうね。

健康食品は人気を集めると非常に大きな利益を生み出す一方で、知名度を高めて定着させるまでが非常に大変です。ただでさえ高額な商品になりがちですので、何かしらの箔が欲しいということになるのでしょう。そのためにはもってこいの推薦になっているのかもしれません。

私はそんなに魅力は感じませんが、見た人におや?と思わせる効果は確かにありそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする