就職先としての健診機関の魅力について

どんなことを考えて健診機関を選んだんだろう。

最近は年度末に卒業を予定して新卒の子たちの採用に関わる機会もあるのですが、皆さんしっかりとしている感じです。私は専門職採用だったのでどちらかと言うと普通の就職活動をしていないのですが、最近で事務希望の若い子をよく見かけます。

医療免許を持っている、あるいは取得予定の学生さんが医療機関を目指すのとは違い、事務方希望の学生さんは数多くの選択肢の中から医療機関を選び、更にその中でも健診機関を選択しています。ですので、そこに何かしらの魅力を感じているのでしょう。最近はそれがなんだか気になります。

少なくとも給料を魅力に感じているのではないと思います。健診業界は決して収入はよくありませんし、事務方ときたらそれはもう低いものです。なんでこんなに低いんだろうと考えるのですが、低くでも応募者がいるからなんだろうなと感じます。

現在活動中の学生さんに質問をしても本音では返事をしてくれませんので、すでに就職した子からいろいろ聞いてみたりするのですが、まず一つ言えるのは事務の仕事がしたかったという気持ちが強いみたいです。職場よりも職種、そんな考えの子が少なくないみたいですね。

でも、それなら何で数多くある医療機関の中から健診機関を選んだの?と言う話になるのですが、どうやら医療事務の資格を問われないという点がそれなりに大きいようです。普通の病院の事務の方の中にも医療事務の知識が無い方は多くいますが、健診機関の場合は確かに顕著かもしれませんね。

もう一つは将来性の様です。保険点数と言う仕組みで医療経済が成り立っていることは興味関心がある人であれば誰でも知っていることだと思いますが、健診業界はその枠組みにとらわれていないというのも魅力の一つの様です。実は私もそんな考えを持つ一人で、保険点数に一喜一憂せずに価格を決めていくことが出来る仕組みが目立つ健診、人間ドックの世界に魅力を感じたのです。

ついでに言えば法律によって最低限の需要が約束されているという点も魅力的です。これに関しては製造業の世界からすればぬるま湯もいいところかもしれません。競争は確かにありますが、そのレベルは他の業界に比べれば緩やかなものなのでしょう。何より法律の定めにより、やりたくなくてもやらないといけないというサービスを売っているという仕組みが定期健康診断と言う形で存在しているのです。

わかってはいたつもりですが、この仕組みはかなり魅力的なものだったりします。そういったところを見抜いている学生さんならよく考えているなと、とりあえずは褒めてあげたいな、なんとて思っています。まぁ、その辺が分かるのは入ってしばらくしてからなんですけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする