病院の資格手当の取り扱い

どうやら色々な考え方があるようです。

私は病院勤務で、資格手当をもらっています。その額は3万円ですが、この金額がどの程度妥当なものかを調べてみたところ、割と高く設定されているようであるということがわかりました。

その分基本給が低いような気がしたのですが、その辺りは見ないようにしています。この資格手当、特定の資格を持っている人が支給を受けることが出来る給料の一部なのですが、勤め先によって金額には違いがあるようです。そのことを最近知りました。

当たり前と言えば当たり前なのですが、その医療機関の風土によって異なる設定が行われるのが一般的です。健診機関では様々な国家資格者が一緒に働くことになるのですが、資格手当には勤め先による差が少なくありません。

例えば臨床検査技師という資格は一般の病院ではあまり高く評価されることはありません。需要に対して人数が多すぎる時代があったため社会的な地位の低下を許してしまっているところがあります。しかし健診機関では活躍の場が多いために看護師と同等の手当てになっている場合もあるのです。

後は地域性もあるようです。同じ職種でも需要と供給のバランスで待遇が決まることになるでしょう。そのため、実質的には雇用を確保するための給料の調整弁であると言えます。人手不足で集まりにくい職種は高めの手当が支給されることになるのです。

私は新人の頃、資格手当をもらったらそのお金を使って勉強、研修に使えと指導されました。それは今でもある程度実践していますが、この考え方は必ずしも一般的ではないようです。資格手当はあくまでも給料の上乗せ分であり、どう使おうと本人の自由という主張の方が強めでした。まぁ。それも真実の一つかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする