郵便局とたたかう

宛名を書かずに封筒をポストに投函するとどうなると思います?

ここで使うのは会社の封筒だと思って下さい。そしてそこには会社の住所がしっかりと書かれているのです。例えばそこら辺の会社の封筒を拾って、それを使ってポストに投函した場合の話です。

答えは簡単で

封筒に記載のある住所に届けられる

です。

郵便局にしてみればそこしか頼れるところがないのですから当然なのかもしれませんが、身に覚え名の無いものが届くこともあるかもしれませんね。

さらにその封筒に切手が貼ってなかった場合、どうなると思いますか?

応えはケースバイケースかもしれませんが、私の知る限り

封筒に記載のある住所に請求される

です。

本当に勘弁して頂きたい内容ではありますが、私の職場ではこの様な事例が結構あります。その気になれば封筒はいくらでも入手することが出来ますので、それを何らかの形で使用する人がいるのはある意味仕方がないのかもしれません。しかしながら切手も張らずにポストに投函する方の気持ちはよく分かりません。

ある程度の郵便物を発行する企業であれば後納郵便と言う仕組みを活用していると思いますが、私の職場でも主だった封筒には地元の郵便局の承認を得た証の後納郵便の印刷が施されています。これはとても便利な仕組みで、逐一切手を貼らなくても出すだけで届けてくれるようになります。そのため多くの会社で利用しているのではないでしょうか。

しかしながらこの仕組みを理解していない方も多く、後納郵便印があれば切手がいらないと勘違いしていることもあります。これはかなり面倒な話になってしまうのですが、受け取り手が負担して郵便物を受け取るか、受け取り拒否をするかのいずれかになります。

普通に考えれば切手を貼らない方が悪いので受け取り拒否でも良いようなものですが、そこはサービス業なので柔軟に対応して受け取ることもよくあります。知らないのは仕方がないという考え方ですね。

しかしながらこの後納の印刷がある限り勘違いする方が後を絶たないと思われましたので、思い切って後納マークを封筒から削除したのが最近の話です。これで問題が解決と思いきや、それでも切手を貼らずに出してくる方が後を絶ちません。日本人ってこんなにいい加減だったかなぁ・・と思われるような状況があるんですよね。

それでも一度届いて適切に処理をされてしまうと、それで良いと思われてしまう様なのです。思い切って受け取らないという姿勢を示すことも必要なのかなと思い始めた今日この頃でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする