郵便局の集荷が無くなって半月が経過しました。

まぁ、色々な問題が発生しています。

私自身はあまり関わっていないのですが、事務の現場では面倒が発生しているようです。郵便局の現場はどうなんでしょうか。結構混乱しているようにも思いますね。しかしいずれにしても仕組みが変わってしまったものはしょうがないので、新しい仕組みに合わせて多くの人が精一杯活動しています。

今まで無料でやってきたのだからこれからも無料でやってというのは流石に一方手でわがままな要求かもしれませんが、集荷がダメではなく、有料にしたりするなどやりようはなかったのかと言うのは今でも感じます。代替サービスが無いのが分かっているのですから、もう少し考えてほしかったなぁとは思います。

有料で集荷を継続してくれるなら、多分払ったと思います。そのためだけに新規で人を雇うことを考えたら十分にメリットも出たでしょう。しかしながらそうはいきませんでしたので、私の職場ではごく一部の方がしわ寄せを受ける形で仕事に負荷がかかるようになりました。きっとどこの会社でもそうなんでしょうね。

しかしながら、現実問題として郵便局側も柔軟には対応してくれているようです。受け入れについても混み合う窓口以外の場所を提供してくれたりもしていますし、必要があれば時には集荷もしてくれるなんている申し出もあります。勿論、ゆうパックを使ってくれればなどの条件付きですけれどね。

結局私の職場では比較的時間のとれる職員が毎朝郵便局に朝一で持ち込むという対策を行うことで何とか仕事が回っています。担当者もかなり強引に郵便局に話をするもので、相手が徐々に折れてくれているというのが結果的には良い方向に向かっているようです。

郵便局の方には迷惑なことなのかもしれませんが、やはり何かしらの交渉はしてみるべきなのかもしれませんね。担当者の話を聞く限りではそれほど紋切り型の堅い対応ではないようです。郵便局の決定が各企業に迷惑をかけていることも自覚しており、その対応能力がない小さな郵便局ばかりであるということもよく分かっているようで、現実的な話が出来ているのだそうです。

それでも、細かな要望についてはわからなくなってしまうことの方が多いのですけれどね。そんな話題が出ると、郵便局の方はすぐレターパックの話をしてくるのですけど、あれは相当高いですから・・。毎日数百通を出す現場で逐一あれを使って仕事をするわけにもいかないということをわかっていただきたいなと思います。レターパックなら一通からでも取りに行くという仕組みになっている点については今でもちょっと腹が立ちますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする