おすすめのオプション検査とは

何かやったほうが良い検査ってありますか?

こういった嬉しい質問をしてくれる方がいます。

健康診断をやっている医療機関なら事務の女性でもある程度の知識は持っていますので丁寧に説明をしてくれます。ただしそれはあくまでも一般人のレベルでの対応になることも多く、専門的な見地からのものではありません。その方の情報があって初めてお勧めすることが出来るものですので、中々に難しいテーマです。

私の勤め先では当日検査フロアで専門のスタッフと相談をして追加をすることもできるのですが、こういった医療機関はあまりないらしいです。理由は管理上面倒であるというものであることが多いです。そのため当日の検査追加や相談に応じてくれるなら良い医療機関だと言えると思います。

もし私がそのような案内の立場にあったとしたら、詳しい情報が無い段階でおすすめするかなと思うのは以下の検査です。

★男性

①PSA(血液検査)

 - 前立腺がん早期発見に有効

②ピロリ抗体(血液検査)

 - ピロリ菌の検査をやったことが無い方向け

③血圧脈波

 - 動脈硬化の検査

●女性

①子宮がん検査

以上、私の偏見に基づいたお勧めです。

男性にお勧めなのは「PSA:前立腺がん」の検査です。血液検査ですので簡単ですし、値段も安く病気の早期発見にも役立つところが魅力的です。

ピロリ抗体と血圧脈波はお好みですが、一回は行っておいてもいいかもしれません。前者は胃がんのリスクが分かりますので陽性なら除菌するのもいいかもしれませんね。

女性の場合は子宮がん検診はお勧めできるかなと思います。婦人科に行って検査だけするというのも中々難しいと思いますし、最近ではごく普通の医療機関の健診や人間ドックなら婦人科の検査に男性は一切かかわりません。安心して受けられるでしょう。

お勧めに乳がんを入れなかったのは色々と思うところがあるからです。自覚症状が全くないのなら健診や人間ドックで受けるのも良いのかもしれませんが、もし何かしらの自覚症状があるなら迷わず治療が出来る病院に行くべきだと思うからです。

有名人が乳がんになったという報道に連動する様に人間ドックの追加や婦人科の短項目検査の依頼が増えるのですが、必ずしも婦人科の専門のスタッフが揃っているというわけではないからです。特に症状があるなら専門の病院で診てもらうべきです。その方が保険適用にもなりますし、必要な治療や検査がより深く出来ます。

もう一つ問題があるとすると、婦人科分野は需要も大きく各医療機関が力を入れて対応しているように見えるかもしれませんが、基本的に非採算分野です。婦人科の拡充で利益を上げていくことが難しいというのが医療機関の一つの現実でもあります。そのため力を入れるのにも限度があると考えておいた方が良いでしょう。乳がんの不安があり、特に何かしらの自覚症状や心配事、相談事があるなら専門の病院を強くお勧めします。

自分の職場でも乳がんの早期発見に至った事例はあるので、従事しているスタッフの方の努力には尊敬の念があります。しかしそれでも症状があるのなら健診や人間ドックで検査をするのではなく、病院へ行った方が良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする