健診結果の入力方法:ストレスチェック

これは完全自動化です。

やった方ならわかると思いますが、これは完全な問診でしかありませんので、正確に入力しさえすれば誰でも同じ結果しか出すことが出来ません。全てがそうとは言いませんが、ストレスチェックの基本対応なんてこんなものです。

そのため意味が無いと考えている方も少なくありませんが、ある意味では正しいでしょう。この内容のストレスチェックを行うだけなら専門家は不要です。従って印刷会社や警備会社なども参入してサービス提供を行っている状況になってきました。

民間業者の競争により、基本サービスだけなら¥500以下での対応が可能になってきているのはそのためでしょう。

私の職場ではOCRという読み取りの仕組みを使っています。会社によってはオンラインで対応するケースもありますが、実際に取り組もうとすると紙の方がよっぽど楽で安いと気づくこともあるでしょう。

そんなわけでストレスチェックは機械的な処理がしやすく、それだけの内容になっています。プラスアルファの内容が無いのであれば、¥500程度が相場ということを知っておくとよいかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする