健康診断を午後に行うという選択肢

繁忙時期の午前健診は特等席です。

そのことは知っておいてもらった方が私は良いと思います。優先順位で行くと、以下のような感じでしょうか。

①規模の大きな超お得意様

②胃の健診を含むコースを実施するお客様

③定期健診のみのお客様

普通に考えて健康診断は午前にやりたいのが当たり前ですが、サービス提供側も限られた経営資源を使ってサービスを行っているため、概ね上記の優先順位で対応せざるを得ません。

施設内健診の場合もバス健診の場合も同じです。1年前に予約を希望しても、私は上記の優先順位で対応しますので③の会社さんが希望をしても断ります。そうすることが健診機関としての最終的な利益にかなうからです。

もしも担当者として午前の健康診断を実施したいと考えているのであれば、健診機関側の事情を考えて以下のような変化を見せることが有効です。

①売り上げ規模を相当額に高め、要望を無視できない水準にする。

②胃の検査を行うなど、優先実施の条件を満たす健診内容に見直す。

③繁忙時期をあきらめて閑散時期に移行する。

こんなところでしか言えないのではっきりと書きますが、それほど多くない売り上げの会社さんの健康診断を行うにあたって人気の時期に午前中にやってくれとごり押しするのは、人気の有名レストランに予約がいっぱいなのに入れてくれというのと同じ様な行為です。

物事には優先順位があり、変えることが出来ないから断っているということもありますのでご了承くださいませ。実際にはこれらの感情をオブラートに包んでカプセルに入れたような対応をしていますが、内心はコレです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする