健診機関が第一希望という新卒の意気込み

それぞれだとは思いますが・・

私の職場では結構様々な職歴を持っている人がいます。そしてそのほとんどが全然別の業界の出身であったり、未経験の人であることが少なくありません。こんなことを言ったらだめかもしれませんが、新卒の場合でも第一希望ということはあまり無いような気がします。

私が知る限り、新卒で本当に健診機関が第一希望なんだろうなと思える人は3~4人程度しか知りません。それ以外は結果として健診機関に勤めることになったというケースがほとんどだと思いますよ。私も実際そうですから・・。

ちなみに私の視点から第一希望だなと感じたケースとしては、以下のような内容のものがありました。

①臨床検査技師さんで、就職のために大型運転免許を取ってきたケース

これは業界研究をして、必要なスキルを獲得する姿勢がなければまずありえないケースです。医療技術者が大型免許を在学中に取得するなんて普通ではありません。第一希望でない限りは・・。

②4大の看護大を卒業し、そのまま就職してきた看護師さん

引く手あまたでどこでも選べる立場の看護師さんがわざわざ給料が安くてスキルが身に付きにくい健診機関を選ぶことはまずありません。第一希望でない限りは・・。

③他県から見学に来て、何度も足を運んでくれた事務職希望者

健診機関の事務職は競争率が高いわりに待遇は並以下です。わざわざ他県から来るほどの魅力はありません。第一希望でない限りは・・。

ここまでされると私でなくても心が動きます。行動で本気度が伝わってくる感じがしました。そんなに待遇は良くないですからね、健診機関って。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする