医療機関といじめの問題

結局は職場の問題です。

そのため、医療機関だから、健診機関だからと言って特別な何かがあるわけではありません。私の職場でも残念ながら発生しており、これはもう仕組みや相性の問題というべきところもあるかもしれません。

一人一人に接すると、特別おかしな感じの人というのはそれほど多くありません。表面しか見ていないと言えばそれまでですが、それを差し置いてもパッと見て分かるほどおかしな言動のある人は稀というのが私の印象です。

それは基本的に雇われの身であり、円滑に仕事をすることが前提と考える基本的な社会性があるからだと思います。そんな意味で地位の安定した人の中にはおかしな発言をする人もいます。

例えば転職先に困らない「医師」「看護師」の中には変わった方もいます。安定した社会基盤が発言を奇異にすることはあるかもしれません。もう一つは経営者ですね。上場企業では株主への責任があるため安泰の身とは言えませんが、ほとんどの非上場の組織の場合には経営権を持っている場合には組織を追い出されるリスクが少ない場合もあります。

こんな書き方はしましたが、それでも仕事は皆で行うものですから良い人間関係を前提にしようと考える方が多く、医師や経営者であっても腰の低い方は多いです。すごい人ほどそんな印象がありますね。

ただ、自分の立場の力を自信の力と誤解する場合には人間関係の問題が生じます。本人は自覚をしませんが、これが職場のいじめにつながっているところがあるように思います。

医療機関の特殊性と私が勝手に思っていることですが、必ずしも上の立場の人間が強いとは限りません。人の入れ替わりが激しい職場という性質がありますので下が上を脅すこともあり得ます。「辞めるよ?」という感じで・・。言っている当人は悪気はないのでしょうが・・。

ま、どこも一緒ということなのでしょう。時間が経過することによって環境が変化します。困っているときは即断せず、時間の流れに身を任せるのが一番だと私はアドバイスしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする