最も薄利多売な健診って何?

私の知る限り、生徒学生の健診です。

物を売るにしてもサービスを売るにしても同じだと思いますが、薄利多売でバランスを保つタイプの仕事が存在しています。健康診断分野においてもそういったものは存在しており、一般的に中学高校や、大学の学生健診が最も薄利多売です。

内容は極めてシンプルなのですが、その分値段も安く、これどうやって利益出しているんだろうということもしばしばです。それでも数百人、数千人を対象に仕事をすることが出来るという仕組みがこの価格を実現するわけです。

私立は随意契約もありますが、国公立だと金額次第で入札になりますので中々値上げも難しいところです。

ちなみに最も安い場合でむにゃむにゃ・・。これでは全く利益になりませんねぇ。それでも実施するのにはそれなりの訳があるんです。実施しているという実績が次の仕事の呼び水になることもありますので目の前の収支だけに振り回されないようにする必要もあるのですよ。

個人客の単価に比べると本当に大きな違いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする