人は見た目を重視する生き物

あなたならどっちを選びますか?

以下の検査があったとして、どちらが魅力的でしょうか

検査A:肺の病気がわかるかも ¥2000

検査B:消火器の病気がわかるかも ¥2000

検査C:全身のがんがわかるかも ¥2000

検査D:全身の病気がわかるかも(肺・消火器など) ¥6000

私が新人だったころ、なんか商品を考えろと言われたことがあります。健診機関の商品は新人がアイディアを出して商品を作れるようなものではありませんから、あくまでも売り方を考えるというものでした。

私は特に何も思いつかなかったので、検査A・B・Cをセットにした検査D(A+B+C)を考えて、これをちょっとだけ割引するというプランを考えたのです。これは誰でも思いつくものでしょう。

しかし私はこの提案を怒られました。値引きなんて誰でもできる!もっと頭を使え!との話でした。私は面倒になって割引をやめて3つセットにしてそのままの金額で提案することにしました。今思い出しても適当でした。

しかしながらこの検査Dがことのほかよく注文されたのです。どうも人間ドックというものはお金をかけてしっかりと調べたいという検査の受診動機づけがなされているようで、高いものに価値を感じるのかもしれません。

そんなわけでこのプランの提案後、検査の追加率が若干上がったようで私は褒めてもらいました。経営者の一人が高い方が売れると言っていたのですが、こういうことなのかもしれません。

実はこの検査、腫瘍マーカーです。たくさん実施することで効果が高まるとは言い切れず、私はこの検査の有効性について説明することが出来ません。この検査で助かったという恩恵を感じている人もいるのかもしれませんが、私がこの検査を嫌いなので微妙な気持ちです。

しかし本当に良く追加注文されるのです。中には「これって別に安くなってないよね?!」と確認して追加注文する人もいます。高いものには効果があると考えているのかもしれないと思うと、少し気になります。

最近も増えている新しい検査は必ずしも有効とは限りません。よく考えて利用するようにしましょう。質問をすれば心あるスタッフは本心から案内をしてくれますよ。私の上司はそんな技師でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする