普及する気配のない遠隔診療

ゆっくりとは進んでいるのかもしれませんが・・

現実問題として私の期待している遠隔診療は進んでいないような気がします。2年ほど前は一気に普及するような気すらしていたのですが、現状はまだまだのようです。

よくよく考えると今では当たり前のオンライン請求や電子カルテの仕組みも普及には時間がかかったと言いますから、中々に面倒で時間がかかることなのかもしれません。

あるいはもっと具体的なメリットや、利用しないことへのリスクをアピールしなければならないのかもしれません。

例えとして適切かはわかりませんが、ストレスチェックはあれほど批判を受けている制度なのにどこもそれなりには実施しています。この背景にあるのはしなくてはならないという義務だからなのです。

遠隔診療は今後必須の仕組みに育っていくとは思いますが、現段階ではなければならない仕組みにまでは言っていないのでしょう。

一般のインターネットショッピングのように遠方の商品でも購入できるというのがオンラインの魅力でした。それと同じように何かもっと具体的で大きなメリットがいるのかもしれませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする