健診機関の職員として大切にしたいこと

採用面接時にはそれにつながる話をすることがあります。

世の中にはいろいろな仕事がありますが、健診機関の仕事は医療でありやや特殊な位置づけだと思います。医療職の人はその道を志す時にそれなりの何かを持っているものですが、医療系以外の勉強をしてきた人が健診の世界を志望するのであれば、何を考えているのかは聞いておきたいところです。

私は医療職ですので、採用の際に聞かれたのはどんなことをしたいかでした。職種的に限界があるのですが、それでもいろいろな展望を話したような気がします。今思えば間違った認識もありましたが、今働けているのは方向性を間違っては言あなかったからかなと思います。

医療の世界は健やかな生活を取り戻すためのお手伝いという位置づけで私は捉えていますが、健診の世界は健やかな生活を維持するためのお手伝いだと思っています。そこには金銭的な話はあまり介入せず、きれいな表現が並びます。

しかしながら仕事である以上はお金は重要なテーマです。ある程度の報酬が無ければ医師をはじめとしたスタッフは集まりませんし、そこに成長はありません。そんな意味では健診機関も営利企業であることは疑うべくもありません。中にはそうでない組織もありますが、給料面はしっかりと出ています。そうでなければ医師や看護師は集まりません。

私は職場の創業者が言っていた「施設を利用する方も職員も両方にメリットがある仕事にこそ価値があり、そうでなければいけない」という話を時々思い出します。自然災害が発生した際も「どんどん仕事をして税金を納めよう、それが自分たちに出来る復興支援だ」と言って職員を鼓舞していました。これらは非常に魅力的な表現で心を打たれた思いをしました。これが私の考え方の根底に今もあります。

しかし経営者の中には利益の追求を第一に考え、サービスを低下させても利益の最大化を狙うという考え方を持つ人もいます。それも必要な視点かもしれませんが、医療においては違和感を感じる人も少なくありません。少なくとも私はあまり好きではありません。医療の世界で働く人ならだれもが人のためになる仕事がしたいと思っているものと私は勝手に思っていますが、そうありたいと思います。

健診機関もある意味では一般企業であり、中小企業に分類されるところがほとんどです。自分のもらっている給料は当たり前で、その上で他者に誇れるような仕事をしたいというのはわがままなのかもしれませんが、そんなきれいごとのようなことを言いながら仕事をしたいなと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする