人間ドックが終わった後のお楽しみ

人間ドックが終わった後はおいしいものを食べましょう。

本来は自然体で受けるべきものですが、初めての人やたまにしか受けない人はついつい体調を整えてから受けることが多いと思います。体調と言うか、体重ですよね。お腹を空かせて検査をすると大体お昼が近いというのが一般的な流れですので、特に事情が無ければ頑張ったご褒美に美味しいものを食べましょう。

少し前までは医療機関側で何かを用意するということがあったとしても、それほど力を入れていないことが多かったのですが、最近ではサービスの向上と言う業界的な雰囲気もあって力を入れるところも増えてきています。

私が2017年に人間ドックを受けた医療機関は終了後にスターバックスのカード(¥500入金済)をくれました。嬉しい不意打ちでした。そのまま近所のスターバックスでチャイラテを飲みましたとさ。美味しかったです。丁度¥500だったのでホットで一番大きいのを頼んだのですが、ちょっと大きすぎました・・。二回に分けて使えばよかったなぁ。

都市部ですとスペースの問題があるのであまりありませんが、郊外の施設では軽食を用意するケースもあるようです。私がこれまで体験したのはお弁当が用意されていたり(セルフサービス)、うどんやサンドイッチだったり、定食が出たりと様々でした。空腹は最高のスパイスと言いますが、結構楽しめますよ。病院の食事と聞いて関心を示す人は少ないかもしれませんが、どこもそれなりにしっかり作っている気がします。だってサービス業ですから。

この辺は人間ドックの本質部分ではありませんが、丁寧なサービスは全てに通じるものがあります。魅力的なお楽しみがあるかどうかも参考にしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする