2019年4月からは有給を絶対取らないとだめになる?

ニュースを見てたらそんな記事がありました。

これって実際どうなるんでしょうか?私はどちらかというと社畜傾向があるようで、有給の申請はしたことがありません。強制的に職場からとれと言われて取ったことはありますが、自分から進んで申請したことはありません。

どこでも似たようなことはあるかもしれませんが、権利を行使することで不公平が生じるという現実があるので、面倒なんです。

なお、私の職場ではこんなことがありました。

偉い人「有給とっていいよ」

現場責任者「仕事が回らないので増員してください」

偉い人「働き方を考えろ」

とか、こんな感じです。

有給が義務になっても職場環境が変わらなければ単に労働時間を切り詰めるだけになって終わる気がします。私もこれが怖くて怖くて・・忙しい人に有給とれというのは時に苦痛でしかありません。仕事の量が多くて有給が取れない場合、有給を取るのを義務とすることが果たして救いになるのか・・・。

暇な部署や人は有給を取れるかもしれませんが、それが優秀と判断されたら暴動が起きかねません・・。他にも、

職員A「有給申請します」

現場責任者「現場は大丈夫か?」

職員A「大丈夫です」

職員B「大丈夫じゃありません!」

現場責任者「協力して休めるようにしてくれ」

職員B「職員Aが休むと他の人の負担が増えて休みが取れません。不公平です」

こんな展開は今でも見ます。

家庭の事情などで有給の申請をしていると、そのうちに働きにくくなってしまうというのはよく聞く話で・・。権利なのに行使すると不利益があるというのは人手不足の職場のつらいところですね。

さてさて、今後働きやすい職場になって行くのかな・・?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする