健診機関に看護師の新卒は来ない

絶対来ないわけではないですけどね。

私の勤め先では15年で2名だけでした。私はなんでだろうと思ったことはありましたが、それをおかしいと思うことはありませんでしたし、それはそれで看護師としてのキャリアを磨くうえでは必要なことだろうとも思いました。

まず来ない理由として考えられるのが以下の点です。

・若い看護師にとって魅力的な要素がない

・若い看護師にとって技術を磨く場として不適切

・就職先としての選択肢に入っていない

まず第一に魅力的な要素がないというのは給料面でしょう。健診機関の待遇はとにかく安く見えると思います。喉から手が出るほど看護師が欲しい臨床の現場と、臨床検査技師でも良いと考えている健診の現場では温度差が激しいのは当然です。

さらには健診機関には育てて伸ばすことを前提にしておらず、即戦力志向が強い傾向があります。話を聞く限りでは・・ですが、基本的に限られた時間でいかに多くの検査をこなすかが健診の世界の働き方ですので少し求める部分が違うのかもしれません。

そのような意味で私は新卒の看護師の最初の職場として健診機関を勧めることはできません。少なくとも自分の職場に期待という看護師の卵がいたら、現状を伝えてちゃんとした病院を推奨すると思います。それくらい技術を磨くには適していないように思うのです。

病院、医療機関にも色々あると思いますが、おそらく様々な角度において健診機関の考え方は一般臨床の現場とは違うと思います。私は健診機関の人間ですので詳しいことまで把握しているわけではありませんが、病院から健診機関への転職は有利でも、健診機関から病院への就職はプラス要素にはならないとさえ思っています。

最後に選択肢にないという点ですが、知人の娘さんが看護師として勉強をする際に様々な補助金制度を活用している話を聞きました。その際に補助金、奨学金の返済のためには就職先の選択肢が狭まるという話も聞きました。健診機関はそもそも看護師の育成に力を貸していませんから、当然の帰結です。

健診機関は病院での勤務が生活スタイルに合わなくなった世代の方にとって魅力的な職場かもしれません。給料は高くありませんが、夜勤もありませんし、生命に直結するようなリスクの高い仕事もありません。そのような職場環境を求める方にとっては良い職場になるのでしょう。

私たち健診機関にとっても必要なスキルを身に付けている看護師である方が育成のためのコストを支払わずに済むので、その方が良いとさえ考えている部分があります。決して楽な仕事ではありませんし、責任のある仕事ではあると思いますが、入院病棟のある環境での仕事に比べてより大変な職場であるとは思いません。

そうそう、15年間務める中で新卒で入ってきた看護師を2名見たのですが、彼女たちが健診機関を最初の就職先に考えたのには明確な理由がありました。

・病院への就職を希望していなかった。

・一般企業への就職を志向していた。

二名のうち一人は保健師でもあったのですが、最初から大企業志向でした。転職の足掛かりとしてステップアップのために健診機関を選んだケースでした。確かに病院では得られない法的知識や実務経験が身に付きますので賢い考えかなとは思います。

レアケースかもしれませんが、看護師資格を持ちながら医療の世界に距離を置きたい人もいます。そんなニーズもあるようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする