毎年健診を受けない方々

サラリーマンの健診は義務です。

毎年絶対に実施しなくてはならないという法的な根拠もあります。しかしながらどんなに案内をしても受けようとしない会社さんもいます。その論理としては「お金がないから」というのが一番多いですね。

勿論、何の理由にもならないのですが、切実な問題として困っている事実があるみたいです。そんな会社さんに対して私は法律で受けなければならないものであることを伝えるしかありません。もしも監督署の監査が入ったら困ったことになるでしょうから、その時よろしければ連絡してくださいと言った感じです。

零細企業では本当にお金がないこともあって、受けないケースはあります。二年に一回という受け方をしている場合もあります。それでいいとは口が裂けても言えませんが、なんとか受け続けてもらえるように出来る限りのサポートをしています。

しかしながらそんな小さな会社さんのも監督署の監査は行くのです。ある日突然監査が来て一週間以内に健診を受けなければならなくなった、なんとかしてくれ・・みたいな感じです。

マンパワーから考えて全ての会社に平等に対応しているとは思えないのですが、どんな仕組みで監査が行われているのでしょうね。ちなみに私が知る限り医療機関から通報するようなことは聞いたことがありません。やはり届け出をしていない企業さんからランダムに選ぶんでしょうか。こればかりは監査する側じゃにと分かりませんね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする