健診機関にメンタルヘルス対策は難しい

健診機関では何が出来るのですか?

最近はこんな質問が来ることもあります。これは健診機関では職場のメンタルヘルスの問題に対して何をしてくれるんですか?という質問なんです。これには色々な回答があって、医療機関としての回答、個人としての回答など様々ですが、私の回答は「情報提供です」と言う感じです。

ちなみに医療機関としての回答は「ストレスチェック」なんです。ビジネスだから当然なんですけども、最後まで面倒を見ることが出来るのは勤め先の病院と産業医に何かしらの関係がある場合だけですので、あんまり胸を張って言えることではありません。

なお、職場の中には試験的に様々な相談に応じようとする動きを検討していたりもしますので、あくまでも私の認識としては「情報提供」ということです。

職場のメンタルヘルス対策にどこまで取り組むか

最近は毎日の様にニュースでメンタルヘルスの話題が出ています。実際に何かしらの問題が生じている企業さんは多いですし、その対処に苦労をしているケースも多いようです。病院だって例外ではなく、似たようなケースは沢山ありますね。ただ医療機関の場合には、退職につながっていくケースが多いためにそれほど問題にならないだけの様な気がしています。

医療機関と言うのは一般企業に比べて良くも悪くも理解があります。少なくとも私の関わった職場はそんな感じでした。メンタルヘルス不調が発生したとしても大きく慌てることはありませんし、必要以上のことをすることもあまりありません。それが例え医師であっても変わらない仕組みがあるような気がします。要するにドライなんです。自然に解決していく仕組みが何となく出来上がっています。その多くは退職していくのですが・・。

しかし近年の一般企業の場合には、丁寧な対応をしようとする担当者が非常に多い印象です。対応策が分からなくても何とかしようとする世の中になりました。その質問先に会社として関わる医療機関である健診機関にも向くのです。どのニュースを見ても具体的な対応策なんて書いてありませんし、何を読んでも目の前の問題に対して具体的な対策が作られているということもありません。メンタルヘルスの問題と言うのはそのような問題が多い様です。

これって非常に大変なことの様で、何とかしようとする真面目な担当者の方の具合が悪くなってしまうことも少なからずある様です。だからこそ、私は「情報提供」くらいまでしかしない方が良いと思っています。会社の担当者さんも本当はどこか任せることが出来る外部を求めているのであって、健診機関レベルの中途半端な個別対応はプラスにはならないと思っています。

職場のストレスでメンタル不調になるのであれば、それを取り除くしかないわけですが、取り除くと仕事にならないというのはよく聞く話です。対策はケースバイケースで人によって異なるものです。会社の枠組みの外で本人が冷静に考えられる様にお手伝いをするという見方があっても良いと思います。具体的な対策は専門家に任せた方が絶対に良いです。あくまでも私見ですけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする