医療における男女の区別はどこまで許されるのか

これからの課題かもしれませんね。

最近、医大の入試で女性受験者のハードルを高く設定していた問題について大きな話題になっていました。最近は何でも男女に平等にチャンスを提供することが重要とされていますので当然の反響だと思います。

でも、医療の世界の内部にいると医療を受ける側の要求は明らかに男女での区別を求めているように思います。医大の受験の問題とは別かもしれませんが、難しい話になっていくのかもしれません。

もしこれが医大ではなく看護大だったらどうなんでしょうね。看護大で男性受験者の合格人数を・・という話は知っている人は知っていますし、当然のこととして受け入れていると思うのですが、医大の女性の問題だけに注目が行くのはいかにも日本らしいと思います。

女性医師の方から、女性の志向と医師のバランスの観点からこの対応は仕方がないという意見があり、それがしっかりと報道されていたのは良いかと思うのですが、それに対する批判が強かったのが少々驚きでした。

私は看護師については今の形が良いと思っていますが、このような必要な歪みというものはあるべきものだと思っています。男性看護師は医療を受ける側の事情で需要がないのです。私の職場にも一人いましたが、仕事には制限がありました。

堂々と活躍していると感じるのは精神科の閉鎖病棟くらいだったかなと思い出されます。要するに能力があったとしても需要(受け入れ先)がないのでしょうね。この仕組みは仕方がないと思った方が良いのかもしれません。

実は採用の際にも男性はハードルがあると言われています。あくまでも私の職場に限っての話ではありますが、他の評価が同じ条件なら女性を採用するのです。男性を採用する場合はどうしても制約がありますし、また管理監督者候補でなければならず高いレベルと何かしら特殊な技能を求めるというのは事務方でも採用している基準です。これもある意味では差別になるのでしょうか。

これを差別というか区別というかは人それぞれですが、医療の世界では男性の立ち位置が非常に速いペースで狭まってきているように思います。健診業界は医師ですら女性がいいという指定がある世界ですので、どうしても男性の扱いは悪くなりますね。

私の職場では以下のような感じでした。

看護師女性 → 検査に従事

看護師男性 → 検査には関わらず、渉外に従事

臨床検査技師女性 → 検査に従事

臨床検査技師男性 → 検査には従事せず、現場監督・責任者として従事

診療放射線技師、いわゆるレントゲン技師だけは男性も現場にいることが多いですが、女性の需要の方が高いのは言うまでもありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする