医療機関のトップと経営者の違い

私にはあまり関係のない話ではありますが・・・

医療機関にも経営者というものが存在しています。それは実際のところ医療機関のトップとは別のところにいたりします。色々と人間ドックを受けたり、その世界の人と話をしているとそのような存在を感じることがあります。やはり医療機関であっても営利目的で活動を行うというのが基本にあり、利益を生み出す仕組みの一つとして医療機関が存在しているということがあるのです。

ここで言う医療機関のトップというのはほぼ例外なく医師です。少なくとも私は医師以外は見たことがありません。ウェブサイトなどを調べて出てくる代表者がこの医療機関のトップにあたり、責任者です。

しかしながら最も権力を持っているのは経営者であり、そちらに関しては必ずしも医師であるとは限りません。医師である場合もありますが、必ずしも医師が実務を行いながら経営者でもあるケースばかりではないのです。

健診を行う医療機関に限っての話になりますが、私のイメージでは中規模以上の健診機関の半分ほどが医師以外が経営者(実質トップ)という仕組みになっているようなイメージです。特に斬新なアイディアを取り入れているのはそのような仕組みのケースが多いです。

医師がトップである場合、何が違うのという話がありますが、これまでにない枠組みでビジネスを行うところとでも言いましょうか。これまでの常識を排除したり、地域の相場や枠組みなどを無視して既得権益を壊してしまうところもありますので疎まれる可能性もあるのですが、面白い試みを生み出すという意味で価値のある存在です。

それでもトップに医師が据えられているのは、医療機関だからです。医療法人などの場合には医師であることが求められますので、経営のために医師が必要なのです。そういった意味で、実質経営者が医師を雇うこともあり得るのです。あるいは医師がサポートとして大きな後ろ盾としての実質経営者を求めることもあるでしょうね。

こんな仕組みですので、医師ではない実質経営者という存在が医療機関の後ろに見えることは珍しくないようです。私もそんなにたくさんの医療機関を知っているわけではありませんが、医師が自ら指揮をする健診機関の内、それなりの規模を持っているところというものはあまり見当たらないのです。

勿論、圧倒的なカリスマ性と実力を持っている経営者としての医師も存在しているのは間違いありません。直接会ったことの無い先生ですが、話を聞く限りではあまり敵対はしたくないような強烈な個性がある先生のようでした。いわゆる普通の医師ではありませんね。経営者というのはそういった強烈な何かがある人でないとうまくいかないのだろうなと思いました。

そんなわけで、これは私にはあまり関係のない話なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする