印象に残った言葉:あいつは残業が多いから来年は課長だな

当時私は新入職員でした。

多分ですけど、どこでも同じような問題はあるのではないでしょうか。課長以上は管理職の扱いになるので残業代が付かない仕組みになっていると聞きます。しかしながら中小レベルの会社の場合には管理職というのは名ばかりで、実質現場の戦力として働くことを要求されるか、要求されなくてもそうしなければ職場が回らない状況に追い込まれるものです。変な話だなと思いつつも、そういうものだと受け止めるしかありませんでした。

そんなわけで課長になると昇進したのに年収がガクンと落ちるのはよく聞く話です。それでも頑張っていれば再度収入が上がっていくかと言えば、そうではないというのが現実だったりします。そんな意味で課長という仕組みの悪用ではないかと思われる仕組みが私の職場にも存在しています。大手企業にはこんな問題はないのでしょうかね。

この言葉を聞いた時、正直な気持ちとして「何てことを言うんだろう」と思いましたが、現在ではこれがごく当たり前のことであるという認識を持つようになりました。本当の大企業では昇進すると月々の月給はともかくボーナスに影響が出るので年収は上がる仕組みがあると聞いていますが、中小レベルでは昇進すると責任は増えるけれど収入は激減する仕組みが一般的(?)のようです。おかしなものだなと思わざるを得ません。

そんな現実を知っていますから私の職場では昇進したいという気持ちを持っている人がいません。昇進してもメリットがないという雰囲気になっています。実際にメリットはないと私も思います。そんな雰囲気にしてしまっているのは、やはり職場というか組織の責任でしょう。この言葉の背景にそんな雰囲気を感じてしまいます。

仕事には良いことも悪いこともありますが、やはり経営者に利益を生み出すことが目的であるという側面がありますので難しいものです。せめて提供する仕事自体には夢と正義のあるものを求めたいものですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする