企業の健康診断の標準的な単価について

地域によってバラバラだよ!

結論から言ってしまえばこうです。私の所属先は地方にありますが、東京の健診施設見学をさせて頂いた際に相場の違いに愕然としたことがあります。ほとんど同じ内容にもかかわらず、6割ほど値段が違ったのです。さすが東京おそるべしと思ったのですが、地域的な環境の違いもあるのでしょう。窓を開ければそこは東京ど真ん中という立地(見学先)と、窓を開ければそこには田んぼしかありませんと言う立地(私のとこ)では同じ価格でサービスが提供されるはずはありません。保険診療ではその辺りに無理が生じているように思いますが、競争原理の働く企業の健康診断の単価は大きく違うのです。

恐らく会社の健康診断をする際に、自分から医療機関に問い合わせをするとほぼ定価での契約をすることになるでしょう。定期健診で言えば7000円から10000円程度を必要とするのが相場ではないでしょうか。しかし医療機関の渉外担当者(いわゆる営業マン)が来てまとめて面倒を見させてくれ!と言う場合には大きく安くなるのが常です。

私の職場では定期健康診断を安い時で若い方に対して2000円台で提供していたころもありました。さすがに最近では値上げを行いましたが、それでも3000円~5000円台での実施が珍しくありません。企業の健康診断の場合には医療機関側が出向いて行う巡回健康診断と言う仕組みもあるのですが、安く実施できるのは主にこの巡回健康診断です。出張するのに安くなるという仕組みは私には最初衝撃でしたが、大きな会社の需要をまとめて囲い込めるという点が効率化につながっているようです。

もしこれを企業側から医療機関に個別に申し込みをすれば、多くの場合定価での案内になるでしょう。その差は大きい場合で倍額程度あることもあります。私の職場の場合はある程度の売り上げが見込めそうな規模の会社にダメ元で当たってみるという考え方があります。上手く行けば企業側にも健康診断が安くなるというメリットがありますので、お互いにWINWINの関係になることもあります。業界にも相場と言うものがありますのでそれを壊してまで新規獲得をしようとはしませんが、健康診断のコストを下げるためにはこんな方法もあります。

ある程度の規模の会社になるとその様な健康診断の案内が来ることもあるかもしれませんが、めんどくさがらずに話を聞くと良い事があるかもしれませんよ?もしも担当者やそれに近い立場にある方であれば是非ご検討をお勧めする内容ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする