何のために健康診断をするのか

これにはいろいろな回答がある気がします。

私がこれを問われたら、以下のどれかで回答するでしょう。

①病気の早期派遣のためだよ。

②法律でやるように決まっているからだよ。

③従業員の健康管理をすることで会社にもメリットがあるからだよ。

どれも真実ですが、もし私が経営者なら本音は②かなと思います。まじめな話として資金面に余裕のない企業でも基本的に健康診断を受けるのは法的な位置づけがあるからです。

経営者でも③の精神で人間ドックを全従業員に受けさせているケースが少なからずあることは知っていますが、税務署がこの行為を「給与の現物支給」にあたるとかいうので本来の目的としては違うのかもしれません。

しかしながら労災予防を目的として始まったとされる法定健診と呼ばれる内容は健康管理のためには不十分と言わざるを得ません。残念ながら実情として、会社の健康診断というのは②が主目的なのでしょう。

そこにある本来の目的はそれぞれが考えていかなければなりません。そのような意味で税務署が指摘した「給与の現物支給」の判断はちょっと悲しい気持ちになります。まぁ、そう判断しない税務署もあるかもしれませんけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする