医療系紹介会社の活用の実際

あくまでも私の職場の話です。

客観的にみるとこの仕組みは非常に便利です。医療系以外の業界にいる人には信じられないような仕組みがそこにはあるんですから。

私は転職系のサービスを実際に使用したことはありませんので聞いた話ばかりですが、医療系の中でも医師や看護師は非常に手厚いサポートを受けて転職活動をすることが出来るようです。

①希望を登録しておくと、条件に合った仕事を探して紹介してくれる。

②雇用契約が成立すると、就職お祝い金がもらえる。

忙しく働きながら仕事をしている人にとっては魅力的な話かもしれません。この種のお仕事は職場が変わってもやること自体は大きく変わらないということもあり、職場の名前よりもむしろ待遇を重視している人も少なくありません。

なにより就職が決まるとお金がもらえるというのが仕事を探す側としては非常に魅力的なんでしょうね。それはよくわかります。しかしながらそのお祝い金がどこから出るのかを考えると、野党側としてはあまり面白いものではないというのが事実ではないでしょうかね。

私の職場ではこの種の仕組みを活用して3度ほど雇用を行っています。経営者が最後まで反対しましたが、現場に押し切られた形でした。経営者が反対する理由は余計にお金がかかるから・・です。このような紹介会社を利用すると紹介料として年収の20%程度を一括で支払わなければならないのです。

仮に看護師の年収を500万円とすると、雇用成立で100万円のお金が紹介会社に支払われるのです。そしてその中からお祝い金が支払われるということなのでしょうね。

なお、こういった方々は入ってもすぐにやめてしまう可能性があります。私の職場でもそのようなことがありました。医師が就職3か月程度で突然辞表を出してきたこともありました。経営者は激怒して、それ以来紹介会社は利用していません。契約にもよりますが、紹介後〇か月以内の退職の場合には紹介料を返却というものがあります。それを超えてしまったら丸損というわけです。

これを3度経験してしまったため、紹介会社には期待しなくなりました。給料ではなく職場の魅力で勝負しないとだめだなと考えている次第であります。

こんな考え方が許されるのは健診機関だからでしょうね。臨床の現場ではそうもいっていられない問題になるでしょう。人数が減りすぎると退職の加速が始まるのが目に見えていますから、形上でも対応しないといけない局面はあるでしょう。そんな時紹介会社は非常に役立つのは事実だと思います。

ただ、紹介会社の利用は計画的に行わないと病院の富をどんどん流出させるだけになってしまいますので利用する側の腕が重要になってきますね。紹介会社は私からすれば競争が激しすぎる点は別として、ローリスクハイリターンが見込める分野だと思っています。

そんなわけで投資家としては医療系紹介には期待しています。なんだかダブルスタンダードになっていますが、医療の現場(経営者)に嫌われない妥当な紹介料のラインを目指していただきたいなと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする