医療系の広告規制は良い効果をもたらすのか

ウェブ上の情報は広告とみなし、6月から規制へ

本日のニュースの中にこんな記事がありました。私は長く医療機関で働いている人間ですので、医療機関が広告宣伝費をかけて情報発信をするということについては色々と聞かされてきています。一般的にはあまり望ましいものであるという印象はなく、控えるべきものと言う扱いになっています。

今回のニュースでは誇大広告による利用者の損害を防止することが目的の一つに掲げられているようです。医療と言っても非常に幅の広い世界を含んでいますので、確かに利用者の安全を確保するためにはある程度の規制も必要になるのだろうと思います。

難病を抱えている方の中にはわらにすがるような思いで情報を探している方もいるでしょうし、難しいテーマであると言えるかもしれません。しかしながら、その様な仕組みを悪用していると判断されるような事例が実際にあるからこそ、この様な流れになってきていると考えるようにしなければならないでしょう。

健康診断・人間ドックの広告宣伝はどうなる?

さて、今回の記事の中には人間ドックや健康診断の広告宣伝の事は何もありませんでした。一般の医療とは異なり、この予防医学の分野では比較的広告宣伝を行う傾向にあるのは言うまでもありません。

例えば当サイトのサイドバーにもある「ここカラダ」さんなどはその典型例でしょう。私の職場もサービスを利用していますので内情はよく分かっているつもりです。基本的には無料、あるいはわずかな手数料で人間ドックの情報を掲載させてもらい、予約が成立した場合には売り上げに対してあらかじめ取り決められた割合で手数料を支払うというものです。

目的は縁もゆかりもない個人客に対して一つの医療機関の情報を発信し、サービスを利用してもらえるようにするという仕組みを構築することです。そのためには手数料の支払いもやむなしと言うのが私のところの経営者の判断です。

これも宣伝の一環になるのでしょうか?「ここカラダ」を運営しているリクルートさんはかなり表現には気を使っています。さすがに広告宣伝のプロフェッショナルですので事情の方はよく分かっているのかもしれません。

例えば私がかかわっていた時などは「人間ドック専門の施設です」という表現はNGだったと思います。ではどうすれば良いのかと言うと「人間ドック専用の施設です」になるのだそうです。少し古い情報かもしれませんが、言葉の選び方やどのような表現をすると誇大表現になるのかはよく理解されている感じがしました。正直私にはよくわかりません。

私は個人的にこの様な人間ドックの情報を集約した情報サイトは利用者にとって有益だと思います。医療機関側にも良い意味での競争意識が出ますし、サービスの向上に向けて良い仕組みが回転していくように思います。願わくば、過剰な規制にならないようにしてもらいたいものですね。

なお、ここカラダさんの目立つところに掲載されているトップページなどでも目立つ個別の医療機関名の入った部分は広告スペースです。結構な金額で医療機関側が定期契約する仕組みなんですよ。多くの人が集まるところで目立つように情報を配置すると言うこの仕組みはまさしく宣伝です。しかし大切なのはその中身が適切であるかどうかでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする