しっかりお休みが取れる仕事というありがたさや

健診業界はしっかり休みが取れます。

医療業界はどこも一応、日曜祝日はお休みという流れはありますが、入院患者さんがいるなどする一般の病院の場合には誰も出勤しないというわけにはいきません。交代制で仕事をつなぐことも必要になりますね。

その点健診業界は土日は完全に休みにすることができます。入院という仕組みがありませんから、緊急対応の必要がありません。そのため医師も含めて完全にオフにできます。私も今日からお盆休みということで完全にお休みをいただいています。

さて世の中はプレミアムフライデーなどという言葉が生まれて金曜日は早く帰ろうという活動があったようですが、医療の世界を含むサービス業の現場には全く関係がなかったようです。予想通り‥だと思いますが、やはりあまり浸透はしなかったようですね。

そんな中でシャイニングマンデーなどという言葉も出てきたのだとか。少し遅い話かもしれませんが、全く関心が持てなかったので最近になって知りました。この手の発想はサービス業のことをどう考えているのでしょうね。

そんな健診機関ですが、最近では日曜出勤や祝日出勤のニーズが生まれています。やはり企業によってはまとまって健康診断をすることができるのは日曜日だけだというところがあるようです。業界にも様々な形がありますので土日が休みとは限りません。サービス業などは特にそうなんでしょうね。

私のところもサービス業ですからそんな時には動くしかありません。もちろん経営者側は避ける方向で指示はしていますけどね。休みの日に出勤をすると振り替え休日が必要になったり割増賃金が必要になったりするので負担が大きいのがデメリットなんです。

ただ、それもたまにのことですね。誰だって休みはちゃんと取りたいのでお休みを確保するように動いています。休みに仕事を入れるといろいろと面倒なことを言われることもありますので、避けられるなら避けるのが基本です。

実はこの部分は日祝にしっかり休みたい医療職の人には良いアピールになっているようです。休みに休みためには個人開業している医師のクリニックなどで働くのが一番確実ですが、あまりに小規模になることも多いので不安を感じる方もいます。そういった方に安心して働いてもらえるのが健診機関、という見方もあるんですよね。

お給料は高くはないですけれど、安心して働くことができるという意味で魅力があるのかもしれません。お給料は高くはないですけれどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする