健康診断を受けると保険料が安くなる各種保険

CMで健康診断というワードが聞こえてきました。

あんまりCMでは聞かないワードでしたが、確かに健康診断と言う言葉が使用されていました。それは保険業界では非常に有名な第一生命のCMで、業界初の健康診断の結果を提出するだけで割引が受けられるという新サービスの話題でした。

最初はどうと言うこともないイメージを持ちましたが、健康診断の価値を評価してくれているような感じがして少しだけ嬉しい気持ちになりました。

そんな第一生命のプランはコチラから確認できます。

健康診断の結果に関係なく、提出することで割引を受けることが出来るというのは確かに新しいかもしれません。出来れば更新時や継続的に提出するという仕組みにすべきだと思うのですが、そこまでは求めていないようです。

第一生命がこの様な仕組みを作り上げた背景には、健康診断を受ける層の方が健康を維持する可能性が高いという統計的な情報があるのだと思います。それはきっと正しいと思います。より正しく表現するのであれば、健康診断を定期的に受診して何かあった場合には適切に対処するということが条件になってくるとすべきでしょう。

ただ、契約時に一回だけ提出すればよいという仕組みは本当の意味で健康リスクを低減した結果、保険料を安くするというよりは宣伝効果を狙って行っているものであるという見方の方が適切であると思います。それでも健康診断に意識を向けるきっかけになるのであれば・・とは思います。

実は私も第一生命の保険に入っているのですが、加入時に健康診断の提出が必要だった記憶があります。告知だけでOKでしたっけね。あまり医療保険などには関心を持っていなかったので、あまり詳しくはないのですが、告知に虚偽があってはいけませんので証明として健康診断の結果は現在でも有効だった気がします。

そう言えば、健康診断の結果が悪いと保険に入れないと困ったクレームを入れてくる人もいるくらいですので、現在でも健康診断の結果は重要な判断材料になっているはずなのです。・・というわけで新しい仕組みなのは健康診断の結果を提出するだけで割引になるかもしれない仕組みがあるという点に集約することが出来そうです。

この仕組みがどうこうと言うつもりはないのですが、健康診断の受診、特に定期的な受診が病気のリスクを低減させてくれる効果があることは間違いのないことであろうと思います。この様な効果をより広く知らしめてくれるという点において、新しい試みが上手く行くといいなと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする