健康はお金では買えません

お金持ちでも買えないものがいくつかあります。

その中でも有名なものの一つが「健康」ではないでしょうか。世の中とは不公平なもので、生まれた時から条件には違いがあります。誰もが等しく平等な状態で生まれてくるものではありません。生まれつき不健康な人もいますし、生まれついた時点で残された時間でさえも平等とは言い難いものがあります。

決して平等ではないのは経済面でも同じです。お金のある環境に生まれるというのはそれだけ恵まれた環境で育っていくことが出来ると言えるものですが、その過程でしっかりと考えていかなければならないのが健康の問題です。

先ほど私は健康はお金で買うことはできないと言いましたが、正確には不健康な状態をお金の力で簡単に解決させることが出来ないということです。つまりある程度のお金があれば、より健康な状態を維持することもできます。個々は大切なポイントです。

さて何が言いたいのかと言うと、今現在健康な状態を維持していると言えるのであれば、それが人生において何よりも重要な財産であるということを自覚しましょうということです。失って初めてその価値を知ることが出来るものは沢山ありますが、健康もその様な財産の一つです。壊すのは簡単ですが、維持をするのにはかなりの労力を必要とします。悪くなったものを改善しようと思ったらそれこそかなりの負担を強いることになるでしょう。

最近では健康への関心も高まっており、一種のブームと言えるかもしれません。健康を維持するための様々な方法が登場し続けており、健康診断や人間ドックへの注目も高まってきています。高額な医療サービスを利用しやすくするための補助金制度も充実しています。

これらが登場してきたのは、そうすることが社会全体にとってプラスになると考えられるから、なのでしょうね。健康な状態を失って病気になってから病院に駆け込むのではなく、病気になる前の段階での気づきを促して大きな病気の発生を抑制しようとする動きが社会全体で高まっているのです。補助金を出しているのは自治体や健康保険組合ですが、これはそうした方が将来の医療費の抑制につながると判断しているからなのです。

健康診断や人間ドックの基準は少々厳しいものがありますが、検査を受けて自分の状態が正常から外れていることを認識することで生活習慣を改めるなどの変化を促しているのです。この様な仕組みを使うことが出来るのであればどんどん使いましょう。タイトルにもあるように健康はお金では買えません。しかし適切な使い方をすれば健康を維持することはできますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする