良い健診機関の見分け方についての一考察

まず、何を大事にしたいかを明確に!

一口に良い健診機関と言ってもポイントは人それぞれですよね。値段が安い方が良いという人もいれば、高くても良いからしっかりと対応してほしいという人もいるでしょう。あるいは男性がいない環境でと希望する女性も少なくありません。

それぞれのにニーズを満たすためのポイントをまとめてみました。

①値段を安くしたい場合のポイント

値段の安さにこだわるのであれば、健康保険組合の補助制度を利用しない手はありません。もしもこの仕組みの活用を考えているのであれば、提携医療機関の中から探すようにすることが大切です。

実は例外は沢山あるのですが、健康保険組合の補助金を申請できる医療機関と言うものが制限されているケースは少なくありません。例外がある場合には面倒な申請手続きが必要であったり、建て替えが必要な場合もあります。そのため契約医療機関から探すのが基本になります。

そして健康保険組合も見境なく何処とでも契約をするのではなく、ある程度信頼できるところとの契約をする仕組みになっています。そのため補助金をもらおうとすると自然にそれなりの健診機関の中から選ぶことになるでしょう。

②高くてもいいからしっかりと検査したい場合のポイント

現段階で知らない医療機関を含めて探すのであれば、インターネットの力を借りるしかありません。私のオススメは何と言ってもここカラダさんのサービスです。複数の健診機関を並行的に比較検討する上では非常に魅力的な仕組みがあります。

知らない健診機関の情報でも効率的に情報収集できますので、とても役立つでしょう。地方に住んでいるのであれば隣接する都市部の情報を調べてみるのもお勧めです。都市部のサービスは非常に競争の中でもまれているだけあって魅力的なものが多いです。今後口コミ規制が入るかもしれませんので、自分で判断する目は必要になりますが、役に立つ情報であることは間違いありません。

③男性のいない環境で受けたい

こんなニーズも多い現代では、結構対応している医療機関が多いです。例えば男性フロア女性フロアと分けて運営している施設も増えてきています。この様なポイントを重視する人が多くなってきているのでしょうね。

またレアケースではありますが、スタッフもお客さんも全て女性のみと言うかなり特殊なサービスを提供している健診機関もあるにはあります。さらには女性のみしか受け入れない日を設けているケースもあります。経営上メリットがあるのかは不明ですが、ニーズに応えている医療機関をインターネットで探すのが吉でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする