健康診断後の再検査はめんどくさい

最初だけは違うんですが・・

何度か申し上げていることではありますが、現在の健康診断や人間ドックの判定基準は結構厳しいものです。全く自覚症状のない問題でも早期発見につなげようという事情も関係しているのかもしれませんが、割と厳しいため臨床の現場の先生も薬も出さないことが珍しくありません。

そんなわけで初めて健康診断や人間ドックでD判定を受けた方を除けば、またD判定かという気持ちになるのもよく聞く話です。健康診断を受けて要精密検査の指示が出ても、病院に行くと問題ないよと言われたとしましょう。そんなことを何度か繰り返せばわざわざ病院に行くのもあほらしくなります。仕事が忙しい方だと仕事時間を削っていくしかないかもしれませんし、お金もかかります。

医療機関に勤める私の立場でもそう面倒になってしまいますので、一般の方の場合にはなおさらではないでしょうか。そういう意味では現在の仕組みにはやや問題があるような気もしなくもありません。

そしてこの仕組みが健康診断や人間ドックが医者の仕事を増やすために病気でもない人を病気にしているという批判につながっていることはよく承知しているところです。

にわか知識はあまり良くないのだとは思うのですが、自分の受けた検査などに関する知識はしっかり持っておいた方が良いとも思っています。ある程度知っておけば、それが緊急事態なのかどうかの感触も分かるようになると思いますし、その知識は普段お世話になるかかりつけ医から得られれば一番だとも思います。

折角やるからには役立てたいですよね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする