印象に残った言葉:昇進したら給料が下がった

割とよく聞く話です。

どちらかというと一般企業の方がこういうのは多いんではないでしょうか。昇進して給料が下がる典型的なパターンとしては課長昇進のタイミングなどは有名です。いわゆる管理職になると手当がつく代わりに残業代がなくなるという認識が一般的です。これは正確には間違いなのですが、そういう現実に直面するケースが良くあります。

私の職場でも年俸制の職員を除けば課長昇進は実質言及にあたるケースが多く、誰も喜びません。そんな組織はあまり望ましくないのですが、それが現実ですね。誰も昇進したくないという雰囲気があるのが残念なところです。

ただ、医療職の場合にはこの仕組みがあまり当てはまらないことがあります。昇進して実質減給になってしまいモチベーションを下げてしまったり、転職されてしまっては元も子もないためそうならないように調整されているような気がします。

実はこの仕組みは医師にも影響を及ぼしているようです。医師はそれなりに自由のある契約が行われていることが多いのですが、ある程度の規模以上の病院で責任のある立場に就こうとするのであれば収入が乏しくなってしまうこともあり得るのです。

どういうことかというと、それまでのように気軽にアルバイトが出来なくなってしまうのだそうです。肩書を取るか、実を取るかという選択肢がそこにはあるのだそうです。とはいえ、そういった悩みはそれなりに大きな病院の話ですけどね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする