健診機関によって判定基準が違う理由

医師の考え方の違いの影響です。

この辺は本当に影響のある医師の考えが反映されます。一応人間ドック学会という公式?の様な基準もあるにはあるのですが、その基準をそのまま使えばだれでも納得するかというとそうでもありません。医師によってはこだわり・・と言っては失礼かもしれませんが譲れないところがあるようで、割と頻繁に修正が加えられることになります。

なお、医師に序列があって一人の意思で全てが決定できる場合にはまだ良いでしょう。複数の医師がある意味対等な立場でものをいう場合、見解が複数存在するということもあり得ます。そういった場合には医師同士話し合ってくれれば良いのですが、割と住み分けをしてしまうところがあります。お互いの専門性には介入しない一方で、話し合って決めてくれないケースも多いのです。

そんな傾向がある場合には同じ医療機関内でも複数の判断基準を持つこともあり得ます。面倒な話ですが、基準というのはそのように決まっているものであり絶対ではないのです。

最終的には主治医に判断してもらうのが一般の方にはお勧めですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする